新着Pick
354Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人間が機械のインタフェースとして働く日が来そうです。
人気 Picker
本文にある、リードの優先順位付け、メールのドラフト、日報、に加えて、商談をリアルタイムにサポートして適切なトークをナビゲートしたり、商談後の次のステップの提案、議事録作成と必要なチームへのシェア、等など、AIとコンピューティングが営業マンをサポートしていく領域はもっと多くあります。考えて見ると、今はオフィスや営業活動など、ホワイトカラーの生産性に直結する領域の殆どの活動は驚くほどコンピューティングでサポートされていない。このような世界が早く実現するといいですね。一方で、これで人のやるべき仕事が無くなる、ということではないです。やはり営業活動において人と人のコミュニケーションは引き続き重要ですし、また、本当に解決しなければならない課題を見つけて複数の組織をコーディネーションして解決していくようなことは、本来のホワイトカラーがやるべき仕事の本質ではないかと。
Salesforceの営業サポートAIのアインシュタイン。あまり知らなかったですが、想定している将来の営業の働き方は相当未来感ありますね。見込み客ごとの成約確率から、必要なアクション、メールの文面から送るタイミングまでAIからのレコメンドが出てくると、人間は対人コミュニケーション、クライアントの課題を探し提案を考えるなどの「本来の営業の仕事」に集中できるというと聞こえは良いですが、裏返せばそこで価値を出さないといけなくなるということになります
気になるのはこの解析のためにどのくらいのデータを日々入れていく必要があるのか。メールのやり取りや、商談内容などは自動で記録されるようになるにしても、やはり入力業務は増えそう
ただ、本当にこれで生産性が上がるようになれば、「営業の生産性向上」みたいなコンサルプロジェクトは、「アインシュタイン入れましょう」で終わりになる率も増えるのかもです。ただ、そうなっても本当にそれがフィットするのか、入れるとどのくらい効果があるのか、そのために業務をどう変えるのか、競合のAIとどちらが良いのかなど検討すべきことはたくさん残るのですが。
将来の姿のイメージを膨らませためるにはこういった記事は勉強になるのですが、一方でその将来に至るまでに人間がやらなければならないことや、その将来でも人間にしかできないことを考えるにあたって思考停止気味になるので気をつけないとと思います。AIを「未来の魔法の杖」で片付けて止まってしまうと、その未来では勝てないと思います。

記事にある上司とのつながりや巻き込むべき周辺プレイヤーに関する情報は、メールのテキストデータから読み込むのでしょうか。それが本当に自動でできるようになるのはだいぶ先な気がします。そうすると何をインプットするかはしばらくは人による設計が必要だと思います。

また、商談の対面時の反応や会話内容も最終的には自動で取得できるようになるのでしょうが、当面は人の判断・感覚が必要と思います。
AIは、現状は、機能的な実務面には適してますが、人はよりクリエィティブに感情に訴えれるエモーショナルな芸術的な想像して創造する方向に何事も行く事でしょう。確かに今もてはやされている統計学的な数式的なデータ分析解釈なら音楽も音階の数は限られているので、人間が心地よく感じるメロディやヒット曲も作れますが、矢張り想像だにしない突飛惜しも無い事を考えたり、人と人の営みの中で、凡ゆる不条理にもがきながら胸の振り子を揺らす様な刺激的な感動に触発され、其れを汎用化する事で、心地良い人生を自発的に追求して行くの創作や生き様そのものは、人間にしか体感出来ません。AIと共存する為にも、計測が難しい感情という人間の奥底の心と向き合うのは、営業面に於いても重要な指針かと思ってます。
商談機会をつくりクロージングすることが営業の仕事であるという考え方が根底から変わってくる。
このストーリーにあるようなことをAIがやってくれるのであれば、そもそも人が動く必要はない。

これからの営業の役割は、新しい成功パターンをつくる0→1をつくることにあると考えています。
aiの可能性は無限大。
今は少しずつそのベールが剥がれてきているが、それでもこの性能、この反響。
真のaiが出てきたとき、今の価値観では太刀打ちできない人がゴロゴロ出て来て社会混乱が起こると思うな。