新着Pick
245Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ある種の合意」という言葉、なんとなく期待を抱かせる響きでありながら具体的なことは何も言わないのがロシアのしたたかなところですね。
思えばプーチンの「引き分け」発言もそうでした。
ロシアとしては経済協力のために日本側との合意はたしかに大事でしょうが、幾つか問題があると思います。
領土問題が解決してしまったら日本側には経済協力のイニシアチブがなくなってしまうのではないか、という心配はロシア側からよく聞きますが、仮に2島その他で合意しても島が引き渡されるまでには長い時間が掛かるでしょうから、日本が島だけ持ち逃げする可能性は低いでしょう。
むしろ、仮に2島で合意した場合、日露両政府が国民にその意義を説得できるかどうかがカギだと思います。各種世論調査によると、ロシア国民は依然として島の引き渡しには否定的な意見が多いですし、2018年には大統領選が控えています。こうした中ではプーチン政権として領土問題での妥協は苦しいところでしょうが、かといって安倍首相が4回も訪露した末の訪日で何の具体的成果も無しという訳にも行かないでしょう。
となると、年末の来日では最終合意までは踏み込まず、何らかの原則に関する合意を明文化するのでは、と考えるのですが如何に。
ある種の合意という表現が気になります。NewsPicksでは来週月曜日より、1週間連続でプーチン・ロシアについての特集を掲載する予定です。
具体的な案を公表しないのがロシア側のしたたかさですね。

日本側はあれこれと具体案を公開しすぎているように感じます。
それとも、探りを入れるために敢えてメディアを使っているのか?

したたかな交渉を行う後者であることを祈っています。
歴史的経緯を知る日本人にとっては、もとからある土地を返還しろ、と言っている以上でもなく以下でもないわけですから、ロシアとの北方領土返還協定は実にストレスフルです。当たり前のことが通じないわけですから。
ただ、他方で、今とこれからの歴史、世界情勢を総合的に俯瞰して日本にとっての国益は何か、をじっくりかつ迅速に考えていかないといけない。
中国、北朝鮮がざわざわし、インドはちょっと遠い、欧州はもっと遠い、なによりアメリカの様子が変になってきています。
そんな中では、(腹立たしいが)原理原則を言い続けているだけでは、わが国益が画餅になってしまうリスクが高いのではないでしょうか。
まずは、一歩の実体化をして、ロシアとの関係を好転させることはなかなか良い外交戦略だと思います。
「理論的には」だの「ある種の」だの、気になるワーディングがありすぎます。

「ある種の帰属」に対して「ある種の確定」を行なうことかな。
これまでにはない前向きな発言。12月15日のプーチン大統領訪日を前に事前交渉はうまくいっているのかもしれない。合意はあれどどのような内容になるのかが最大の注目点になると思う。
ロシアも原油安などで経済状態が厳しく 、日本と水面下で原油と北方領土返還など、政治的な交渉はあるように思います。
https://newspicks.com/news/1825663/
日ソ共同宣言において歯舞・色丹の二島譲渡は合意されており、それ以下の合意に金銭等を支払う理由はなにもない。

個人的には二島譲渡してください、あとは興味ありません、とひたすら言っていれば良いのではないか、と思っています。
元住民の方々のことを考えると心苦しいけど、やはり4島一括返還は厳しいと思う。現実問題、長期政権のロシア側のプーチン大統領か日本側の安倍首相が代わってしまったらもうノーチャンスになってしまうと思う。アメリカの事実上の政治的空白時、また日本のまわりの国際情勢的にも、今が最大のチャンスだと思う。この何らかの合意が前向きな合意であることを期待したい。
あ!衆院解散だ