新着Pick
236Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
横山由依さんと対談させていただきました。
横山さんの戦略的ながむしゃらさに強さを見ました。強い。これは強い。

横山さんに限らず人の前に出て勝負している方々を僕は尊敬しています。
それは賞賛される事の反対に『叩かれる』事のリスクを背負っているし人の前に立つ事で得るもの失うものがあるからでず。僕とは比べものにならない程の多くのものと戦っている訳で終始、リスペクトでした。貴重な時間をありがとうございます。

読みやすく分かりやすい記事に仕上げて頂きましたのでよろしくお願いします。


拙著『空気を読んではいけない』もよろしくお願いいたします。
この連載を読んでいて、横山由依さんのコミュニケーション力に驚かされます。「教えて!プロピッカー」の名の通り、横山さんは様々な分野の方からアドバイスをもらう立場ですが、全く異なる分野の方からの話を自らの立場に引きつけて話を繋ぐというのは、そうそうできることではないでしょう。緊張感と「緩さ」など、格闘技の試合からそのままステージとの共通項を見出されている。

そして個人のスタンスがしっかりとあり、それを青木さんのスタンスにもぶつけていて、青木さんとの考え方の違いも恐れていない。青木さんからパンの例を振られたところも、普通であれば「そうですよね、分かります。私も…」とつないでしまいそうですが、「私は自分でコントロールできなくても不安はまったくないです。」と、しっかりと自分のスタンスを話されていて、まさに強いです。

青木さんの思考も独特で、強さとは何なのかを考えさせられます。サッカーの本田選手もそうですが、独特のオーラを持つ選手は、技術だけでなくその思考に他の選手との違いを感じます。お二人の考え方が垣間見れて、とても面白い記事でした。
青木さんをして強い!と言わしめる横山さん。その理由とは?先々のことは計画せず、目の前のことを必死でやるというキャリア、実は最強の気がします。
青木選手がデレデレな件笑。
自分の強みや弱みをしった上で、自分の強みや弱みを他人に押し付けず、他人の強みを認める。それが重要だと改めて理解できました。
自身がどこで勝てるかどうかは企業戦略でも大切ですね。今回の話は勉強になりました。
自分の好きな事を、考え抜きながら行動として実践する。
こういう人は「強い」と思います。
この連載について
AKB48の二代目総監督である横山由依が、NewsPicksのプロピッカー陣と対談。政治・経済からカルチャーにいたるまで、最前線で活躍するキーパーソンに迫ります。アイドルグループのリーダーとして、一人の女性としての視点に注目です。
株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア
時価総額
364 億円

業績