新着Pick
427Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
電通の件もあって、特にこの問題に対して強い思いがあります。

新卒採用をやってると、候補者を愛するようになるんです。変な意味じゃなくて。そいつらの人生を背負ってる自覚が生まれるし、会社は本気で人生を左右すると思ってます。

だからこそ、会社が社員を殺すということに対してとても怒りを覚える。そして殺したのは会社という法人格ではなくて、上司なのか同僚なのかは分からないが、周りの人間である可能性もある。

仕事ってそんなに偉いのか?

私の働くワークスアプリケーションズはハードワークで有名だ。でも仕事に踊らされてる人は少ない。むしろ仕事を従えてるイメージ。仕事、上司、お客がイニシアティブを握っていると、やらされ仕事になるし自分の都合で休めない。仕事が自分の中でコントローラブルであれば過労死はしないと思う。

「人は仕事とどう向き合うのか?」

こういう本質的なところを考えていかないと、日本人の過労死はなくならないと思う。

※追記※
他人のコメントに批判をするのは好きではないですが、長谷川PROのコメントについて、同意する部分もあるにはありますが「情けない」は言い過ぎではないでしょうか。
※追記2※
長谷川さんのコメントが差し替えられました。これ以上私は何も申し上げません。収束の方向に向かうことを願います。
悲しいことですが、うやむやにすることなく発信することは評価できると思います。

日本は昔から「滅私奉公の文化」が浸透していました。
国のために、社会のために、会社のために…命を投げ出すことが美学とされていました。
「会社のために死んでくれ」とマジで言われた時代もあります。

実態の不確かな団体利益よりも個々人の権利を尊重する社会への転換点となることを、切に祈っています。
「タイムリー」という言葉はあまりにも不適切だが、電通の過労死自殺がニュースになった直後で、実は僕も友人を過労死で亡くしているので、いろいろと思うところがある。

「こんな報告書が出ること自体が社会の恥だ」というコメントもあるが、こうした社会の恥を晒すことで、変えていこうという政府の覚悟を感じるので、僕はむしろプラスだと思う。

ワークライフバランスではなく、ワークインザライフ。
仕事はかけがえのない人生(The Life)のうちの要素の一つにすぎず、仕事によって人生を飲み込まれてしまうのは本末転倒。もちろん、本人の完全なる自由意志に基づくハードワークは否定しないけれど、「やりがい・成長」をダシにした使用者(経営者・管理職)の強制的な過労は絶対に根絶しなければならない。

仕事を通じて幸せになる人を一人でも増やす。
仕事を通じて不幸せになる人を一人でも減らす。

「二兎を追って二兎を得られる世の中をつくる」と言い続けているのは、こうした理由からです。絶対にやってやる。
[追記]
長谷川PROのコメントに開いた口が塞がりません…。
武蔵野大学は妻の母校なので愛着を持っていたのですが…。PROであるのみならず、公職につかれている方がこんな発言して大丈夫?と心配になってしまいます。

上記をツイートしたところRTは200を超え、凄まじい話題になっています。
https://twitter.com/souta6954/status/784487209395113985

まだ読まれていない方は「過労死白書」全文(284ページ)を熟読しましょう。
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/16/dl/16-1.pdf
[追記2]
ご本人の謝罪コメントを拝見しました。これ以上の個人攻撃が続くのは僕も本意ではないので、当該ツイートは削除いたしました。悪しからずご了承下さい。
私の知り合いの米国の弁護士は、クリスマスも含め丸一日休んだのは元日だけという猛烈な働き方をしていました。コンサルティングファームやインベストメントバンクも然りです。知的職業でも経営幹部を目指すポジションでも、自律的に猛烈に働いて疲れを知らない人達は結構いるはずで、そういう人達まで一律的に網をかけたら日本の活力は失われてしまいます。
過労死するような働き方を明示的、黙示的に強要される職場環境は絶対に無くさなければなりませんが、民主化された先進国である日本で、過労死するような職場に労働者が縛りつけられるのは何故なのか、という根本的な問題に立ち返って考えないと「世界に前例のない報告書」が「日本は強制労働が残る国」といった誤ったイメージを世界に拡散するだけに終わりかねません。
職務を定めず「就社」して、仕事も時間も空間も会社の命じるまま働く義務と引き換えに定年まで年功に応じた賃金保障を得る日本型の雇用システムが、従業員から自律的なキャリア形成能力を奪っています。強い解雇規制や定年延長の強制、雇用調整助成金といった形で雇用を守るシステムが、結果的に転職市場の発達を遅らせているということもあるでしょう。ブラックな職場から従業員が自由に逃げ出せる枠組みをしっかり整えていくことが肝要です。
【社会】長谷川プロのコメントはヤバすぎるのだけど、こういう考え方の人って意外と少なくないのが日本だとも思う。

追記:
今(日本時間10時50分)見たら、長谷川プロの該当コメントが見当たらない。運営側に削除されたかな?それとも自主的に削除されたかな?
実は、"karoshi"も和製の言葉としてグローバルに使われている言葉の1つです。ロンドンで亡くなった父の当時の死亡診断は"karoshi"とされました。
毎年毎年、過労死する人が後を絶たない。それは個人的な要因もあるかもしれませんが、就労構造の問題に依拠する場合が多数なのではと推測します。まず、白書を読み込みたいと思います。
弁護士業界は形式的には、雇用でない=労基法の適用なし、という整理をしていると思います。裁判でガチンコで争ったら戦える可能性はゼロではないと思いますが、歴戦揃いのパートナーの面々を考えると・・・となっている若手もいるかもですね。

私自身もハードワークですが、そもそもやりたくてやっているので、全体的なストレス量は少ないです。精神より先に体力の限界が来るイメージです。ただチームメンバーへの強制はできるだけしないように心掛けています。

世界的に見たときの日本の状況が知りたいですね。
これは雇用の流動性が極めて低く、また生活保護差別が根強い社会的背景により、企業が労働者を奴隷化しその命さえも自由自在にできるということの証明です。民間企業にそこまでの権限を与えてしまっている現状をこのまま看過することはできかねるので、早急な介入が必要だと思います。
長谷川プロの「100時間で死ぬとは情けない」とは、自然と出てきたのだろう。この国の少なくない老人が同様のことを考えてる、と思うとゾッとする。

人は生きるために仕事をしてるのであって、仕事をするために生きているのではありません。そんな当たり前のことがわからなくなるほど追い詰められて自殺するというのは、マトモな社会じゃないんですよ。100時間残業が多かろうが少なかろうがね