• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

配偶者控除:存続の公算大 適用範囲を拡大 17年度

毎日新聞
270
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • Kino Kosaku
    通信業 Interaction Design Reseacher

    働いてない配偶者が優遇されているから廃止、ではなくて、働いてる人も家庭を持つと大変だから、全員優遇しよう、にならない不思議な国日本。


注目のコメント

  • 細野 豪志
    衆議院議員

    配偶者控除を廃止して何に使うのかを明確にしないと、理解は得られない。私は、人生前半の社会保障を充実することを明確にして、廃棄すべきと考えている。

    保育などのサービスの充実は、社会的にも必要だし、経済効果も大きい。


  • いづつ しょうこ
    株式会社キャリア・マム 取締役COO

    この、頑張りたい人が損をする制度、何とかならないのかしら?

    すごーく平たくいうと、
    育児も仕事も両立のために相当苦労して、でも、その甲斐あって得られる収入は確かに多い。
    ただし、収入があるからたくさん引かれる。
    その分が、払ってない人たちに回ってるわけだ。

    両立は大変だから、適当に(というと語弊はあるかもしれないけど)時間を減らして扶養内で働く人には、負担しなくて良いというメリットがある。
    さらに、オットにも手当の恩恵、というのはどう考えてもおかしい。

    その人たちの受ける恩恵は、扶養してるオットが全部負担してるならわかるけどね。

    働きたくても働けない人と、自分の意思で働かない人、そこだってあいまいなのになぁ…


  • 西村 創一朗
    株式会社HARES 複業研究家/HRコンサルタント

    配偶者控除はある種の「既得権」ですからね。
    選挙のためにマジョリティに阿る「政策より政局」の体制において、既得権を奪うような意思決定は出来ない。
    変われませんね。いつまで経っても。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか