438Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
とはいえ、ピークに合わせると流れが落ち着いた後は、施設が大幅に余ることになります。
人気 Picker
「家族の介護をして初めて気がつき、深く考えました。」こんな言葉をよく聞きます。その通りだと感じています。今の日本社会は、死を見えないようにしているばかりか、生きている高齢者医療さえも遠くのものにしがちです。

病院で入院加療している高齢者、施設入所している高齢者、自宅介護されている高齢者。今こういった高齢の方たちと無縁だったり、親がそうだけど病院・施設に任せっぱなしという方たちに、この現場をしっかりと直視してもらい感じてもらえるような機会が、未来社会のためには必要だと感じています。

高齢者医療〜死までの間で、どういった対応(医療や介護)がこれからの社会にとってベターなのか、医療従事者と非医療従事者との間の感覚のギャップを狭めることが第一歩だと感じます。迫りくる2025年問題に対して、医療・介護現場の問題である、と遠くに押しのけることなく社会全体で捉え、対応していかなければ全員が「終わり悪し」の人生になってしまいます。
死に場所よりも「介護のハコモノ」が圧倒的に不足しているのが今の日本です。

もちろん、介護施設に入らなくて済むものなら(本人の希望も含めて)在宅がいいでしょう。
しかし、子供世代の負担やそれに対する負い目を考えれば、施設不足は深刻です。

明言します。
介護施設の不足と介護人員の不足を「自助努力」で補えと言っているのが現在の厚生労働行政です。
「親孝行」という美しい言葉で覆い隠して・・・。
そうならないように往診医を増やしたのだと思いますが往診医の宿命として24時間対応しないと十分な加算が取れないので、夜間対応をアウトソーシングできる体力が無ければ自分が夜間も含めて診れる数に絞るしかないのが現状です。

シンプルに考えて、夜間対応なしの往診医でも外来中心の開業医と同じくらいの収入になるような仕組みにすれば、多すぎる開業医から少なすぎる往診医へとマンパワーがシフトされ、この問題も大分改善されると思います。
これからは「生き方」ではなく「死に方」を考えないといけない時代になった。
「死すべき定め」。人は例外なく死んでいく。
誕生と同じくらい大事な瞬間をどう迎えるか、が人間の幸せを大きく左右する。

ところが、医療の進歩、衛生状態の改善などで、人はコントロールできる範囲を超えて長寿になった。人間の生物学的変容に、人間の社会的・文化的変容が追いつかなくなっている。

その象徴がこの「死に場所がない」という問題。
戦後間もないころは8割が自宅で亡くなった。でも、その後医療機関が充実して、今は8割が病院で亡くなる時代。
人の死は今や「自然なプロセス」というより「不自然なプロセス」になってしまった。

さてどうするか。
死に場所を確保するためにハコモノをつくるか、自宅で死ねるようにするのか。国の政策は、後者だ。それは、ハコモノを作り続けることにでは財源も人材も間に合わないから。そもそも人は住み慣れたところで亡くなる方が幸せと考えるから。

その努力を進めて、なるべく死を「自然なプロセス」に回帰させようとする発想は大事だろう。
でも、それに乗れない人々(独居、孤老など)も忘れてはならない。

そのためには、かかりつけ医にいつでも診て貰う関係も必要だし、地域の人々が支える体制も必要だ。家族がいる人は家族の看取り方、本人の準備の仕方について、もっと理解を深めてもらう必要がある。

病院で死ねない時代=地域、在宅で死ぬ時代、は、一度病院で「手厚く死んでいく」ことを覚えた私たちには、厳しい回帰でもある。
医療、介護、住まいなどなど総力戦で向かう必要がある。それが「地域包括ケア」の本質の一つでもある。
ちょうどこの頃に死にそうなので確実に「死に場所難民」になりますね。

(本来の)お遍路さんやジジ/ババ捨て山を制度化するか、仕事の減っている坊さんに死亡認定代行するとか、駐車違反のステッカー貼りのような死亡診断代行師を作るとか...いかがでしょう?

不審死は警察のお手数、自殺すると消防に迷惑、海外で行方不明になると大使館領事部にご迷惑かけるし...

うーん、冗談抜きで死ねない。
>自宅で亡くなる場合、かかりつけ医がいないと「不審死」として扱われ、警察に届けないといけないからだ。

そうなんだ_φ( ̄ー ̄ )
医者の信頼すごいな
もはや日本は長生きすることも許されない国になってしまったか…。「2025年問題」はその現実を私たちに突きつける問題だ。
老後は施設に空きがある田舎というのが常識になるかもね
これはショッキング
新着記事一覧
「ビルドアップする場面がほとんどなかった」原川力がC大阪戦で抱いた危機感「後半はほぼみんな...」【FC東京】
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「3年ちょっと前」大ブレークと重なる“出会いの時期” 大谷翔平が明かした慣れ初め
Full-Count/フルカウント
2Picks

なでしこJ長谷川唯、中継に映らなかった涙の抱擁に広がる感動「泣いてしまった」「これはいいシーン」
THE ANSWER
2Picks

リスク覚悟で“自己都合休職” 藤浪から「一緒に行かへん?」海を渡ったアナの決意
Full-Count/フルカウント
2Picks

電撃婚の大谷翔平 プロポーズの言葉は秘密「普通に言いました。あえて言う必要はないかな」 婚約は昨年 出会いから3年ちょっと
デイリースポーツ
2Picks

電撃婚の大谷翔平 なぜ公表?「1番は皆さんがうるさいので(笑)しなかったらしなかったでうるさいですし。発表して野球に集中したいのが1番」
デイリースポーツ
2Picks

電撃結婚の大谷翔平が会見 新妻は「至って普通の人というか、ふふふ。ずっといるところを想像できた」 照れ笑いも 出会いは「3年ちょっと前かな」
デイリースポーツ
2Picks

まくら投げ真剣勝負あわら温泉旅館で学生選手権 戦いの場は300畳の大広間
福井新聞
2Picks

電撃婚の大谷翔平 「去年婚約」にSNS驚がく「1番の衝撃」「よく隠し通せたな」「一切匂わせなかったオータニ`sワイフすごい」「彼女の家族にも敬礼」
デイリースポーツ
2Picks

阪神ミエセスが「リスペクト」する日本野球 米国、ドミニカとの違いを実感した“文化”
Full-Count/フルカウント
2Picks