新着Pick
560Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い取組みですね。親孝行したいと思った時には、もう親は亡くなっているということも多々あると思いますので、このような機会があるのは良いかもしれません。
ただ、個人的には「義務」と言われると、少し違和感を感じます。福利厚生の一つとして選択できるくらいの感じだと、とっつきやすそうです。

フジ住宅では、毎年4月を「親孝行月間」と位置づけ、「寸志」と書かれた封筒で、派遣社員も含めた全従業員に1万円が支給されるとのこと。必ず親のために使うことと、どのように使ったかを文章にして会社に提出することが必須のようです。

…自分のために使うこと(投資すること)が、親のためになっている(親の幸せな気持ちを向上させる)ケースもありそうなので、実際何に使用したかに関心があります。
以前、中国の亨達というシューズメーカーを訪問したことがある。そこの特徴としては、儒教精神、特に孝行の精神を重視しており、ベストセラー商品として、親孝行靴(孝亲鞋)という履き易くて滑りにくい靴が有名らしい。
企業のあちこちに、創業者の自身の親への孝行の写真などが貼り出され、外部への企業PRビデオにもその様子が繰り返し映し出される。
社員にもこの記事の企業のように親孝行することが推奨されているよう。

少なくともCSRのような観点からは非常にインパクトある理念であるし、少なくとも一番社員にとって身近な人である親への感謝の気持ちを表せずして、お客様への感謝の意を示すことは難しいというような思想でもあると思う。

けれど、正直に思ってしまったのは、その中国企業のしつこいまでの創業者の「親孝行」のアピールは、善意の押し売りに映る懸念もあるように思えたし、親に孝行した結果、成功者になったというストーリーにいささか疑念の余地や我執を抱いてしまった。

勿論、親孝行は大切。
どの位、数字で変化があったのかに大変興味ある。
感謝の気持ちを思い起こさせる工夫だとしたら、心理学的にもとても効果があると思います。

よく言われるように、「感謝の気持ち」というのは自然発生的には出てこないものだそうです。
(だから「恩知らず」だと言って怒ってはいけないと)
本稿の会社のように、人為的に「感謝の気持ち」を呼び覚ますと人間は優しくなり他人に対する思いやりが生まれます。

対象は親でなくてもいいので、今までお世話になった人の顔を3人位思い出してみましょう。
1分くらいでいいので少し手を止めて。
心が洗われるような気持ちになったでしょう(^o^)

お客様に対しても感謝の気持ちが芽生えれば、大きな成果に結びつきます。
孝行したいときに親はなし、と言いますが、親孝行というのは意外とできないもの。
ましてや口に出して、ありがとうと感謝の言葉を贈ったり、遠く離れた両親に、行動で感謝を示すことはなかなか難しいものです。

会社に言われたくない、というのはもっともだと思いますが、人に対する感謝というのがサービス業の一番大事な精神ですから、それを培うという意味もあるでしょう。

そこで大事なことは、思うだけはなく、実際に口に出し、行動をするということです。

人に感謝すれば、相手も感謝してくれます。

今の若い社員は、人の役に立ちたい、感謝されたいという思いがとても強いといわれています。

親やお客様への感謝を培う中で、同時に相手にも感謝される環境を作ることは本来的には素晴らしいことです。

こういうことにアレルギーのある方も多いと思うので、入社後突然やられたらいやだろうと思いますが、納得ずくで入社した社員にとっては、意外と満足度が高い企業ではないかと思うのですが、どうでしょうか。
とても興味深い記事でした。

「なぜそこまでやるのかという声もありますが、そこまでしないと、人はやろうとしないし、できません」
➡確かにそうだなと思います。私の場合すぐそばにいるので特に甘えてしまいます。あらたまった親孝行というのは出来ていないと反省します。
反面、主人の両親は遠方なので会える時間はとても貴重です。毎年一週間一年分楽しんできます。毎回帰るときは家族皆で涙を流して帰ります。会える時間を何より大切にしています。もっと会えたらいいなといつも思います。

自分が親になって両親には本当によくしてもらったなぁと改めて感じます。自分が如何に親として未熟かを痛感します。自分がしてもらったように出来ているか思い巡らしてみるとやはりまだまだだと思うところが沢山あります。

「それまでも親孝行をやった気になっていましたが、本当に母が喜ぶことは何かを考えたことはなかったのだと思います。」
➡この言葉で気づかされました。今でもお世話になっている母が最も喜ぶこと。改めて考え直してみたいと強く思いました。この記事に出会えたことに感謝致します。ありがとうございました。
わはは。大変だな。ここの社員
笑えない、皆それぞれ死活問題。
でも会社にとやかく言われたくない気持ちもありますよね。
義務にすると反対も多いですが、中小企業のサービス業等では、「身近な人に感謝出来ない人はお客様に感謝できない。」という考えで親孝行できる仕組みを作る所は多いです。そうなると親が応援するので離職率が下がる傾向もあります。
ネタ切れですか?国内外の経済情勢を見渡せば、書くべきテーマはいくらでもあると思うのだが。
親孝行と業績の因果関係は分かりませんが(笑)。
社訓「親孝行」は徹底している。。。

いずれにせよ、親孝行、できる時にしておいたほうがいい(経験談)。