新着Pick
270Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
来日する方の多くは、母国ですでにプロとしてのキャリアを数年持っている方も少なくない。そういう人を補助的な立場として使おうという考えが見え隠れする。ただし、現場の人によっては、一定の日本語が出来ればどんどん来て欲しいという人もいるし、話を聞いてくれるから救われるという患者の声もある。

フィリピン人やインドネシア人からすれば、市場は日本だけでなく、英語でやれるシンガポール、香港、中東、アメリカなどがある。これからは、外国人ナースに対して制限が多いマレーシアも、言葉が似通っているインドネシア人にとっては、高齢化や人手不足で市場になる。

この分野では、日本に来たいという人材自体が貴重。日本の高齢化は、もう言う必要も無く、その速度が速い。外国人を入れるなら入れるで、現状のような中途半端な制度や完璧な日本語と言っている限り、難しい。日本で困難に直面した人たちの経験は、母国ですぐに口コミで広がってしまいます。そんなに大変なら日本に行く必要ないよね・・・となってしまう。外国人を入れないなら入れないで抜本的な改革が明日にでも必要。いずれにせよ、中途半端が一番良くない。

みなさんのコメントが参考になる。

丸山さんのご指摘のように、そもそも日本の業界での待遇改善自体もないと根本的な問題がクリアにはならない。

Ebisawaさんと嶋吉さんのコメントは現状、この制度が直面していることを考える上で重要な情報が含まれていて、現場の様子を推測できるうえでとても有り難い。

先月、家事労働についてですが、フィリピン人について少し触れました。日本側が選べる時代ではないということを指摘しています。看護師とは資格やスキルの違いがありますが、根本的には同じです。日本に来れば稼げるから来るだろうという時代は終わりました。よろしければ、下記記事をご参照下さい。

「日本企業の関心高まるフィリピン 家事労働の来日は増えるのか」
https://newspicks.com/news/1748107
つか、安月給で働かせようとするのはもうむりだよん
厚労省と繋がっている方から先日お聞きしましたが、今この外国人介護士の受け入れを一時ストップしているようです。
そもそも外国人介護士の斡旋には仲介する団体をつくり、そこで日本語や介護教育などを行いますが、現場の思いとは裏腹にこの仲介団体や制度の不備など全くできていないのが現状です。
現場では慢性的に人が足りないのは分かりますが、やみくもに人を入れればいいという訳にはいきません。
最低限の日本語によるスタッフ同士や利用者さんへのコミュニケーションや介護知識、また働き始めて数ヶ月後に突然いなくなるケースもありそうですから、まだまだ問題山積ですね。
数日前に、働き方改革で外国人受け容れ拡充との記事がありました。拡充の中には介護領域も入っていたようですが、「日本の子育てや保険の制度は外国人には難しい。日本は私たちの将来まで考えてくれているのか」という不満が外国人の中にあるとすれば、それをどう解消していくのかをまず考える必要がありそうです。
船員の給与は陸上よりは高かったのですが、日本人のなり手がなくなりました。日本船舶を守る海上自衛隊以前に、日本船舶で働く船員のなり手がいないというおかしな現象が30年も続いてきました。
外国人労働者を認めるか否かではなく、お願いしてなってもらう時代だということを認識しなければなりません。
日本の経済力が相対的に見て急速に落ちていて、日本に来て働く理由がなくなってきている。
こういう話自体が消える日が近い。
日本人なみの日本語を求めると、こうなるのは何となくわかってたような気がする。もう少し相手国の状況を考えないと、こういう制度は維持できないでしょう。完璧主義は無駄が多すぎます。一旦日本語圏を離れて考えることができるリーダーが必要だと思います。日本が圧倒的に強かった80年代の発想ではうまくいきませんね。
日本人と外国人と関係なく、結局は介護職の働き方と待遇を進化させないと問題解決にならない。

外国人を安価な労働力として捉える発想、人手を埋めてくれる発想では、まったくワークしない、特に介護のような繊細できめ細かな配慮が必要な仕事の場合はそうだ。

外国人介護士には、相談窓口や支援は不可欠。できれば、「日本の両親」と呼べるような一種の里親のような存在をマッチングしてあげてはどうか。職場の人としか人間関係がないのでは逃げ場がないと思う。
看護師は1つ1つの職場で全くやることも違いますし、職場ごとの暗黙の了解みたいな部分も多いです。

結局は、外国人の新人看護師も、日本人の新人看護師も、新人指導の担当看護師をつけて指導しなければいけません。

指導する側からすれば、1人分の人員が減るのは変わりないので、日本語から指導しなければならないのはデメリットの方が多いでしょう。

外国人看護師を雇うより、潜在看護師(子育てなどで辞めて、免許はあるけど働いていない看護師)が働きやすいように、
短時間勤務や、フレックスに働ける体制を整えたり、病院に勤務する看護師は確実に入れる保育園を併設したりする方が、現実的ではないでしょうか。

【追記】
介護士を安く雇おうというのはどうかというコメントされている方もいますが、その通りだと思います。
以前、介護士の給料をなぜもっと高くしなければいけないかについてコメントしました。
https://newspicks.com/news/1418155/
支える社会の厚みがなあ・・・。北海道で先端的事例だった余市の特養でもうまくいっていないんだよね。