新着Pick
319Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
人気漫画を入れれば不採算になるのは、日本人からすれば常識でしょう。
採算がとれるはずがありません。

日本市場では、最初から漫画は外すべきでした。
その代わりに活字の小説やビジネス書のラインナップを充実させるべきでしたねー。
今からでも遅くないので、方針転換を期待します。
すでにいくつもの記事が出ているアマゾンの読み放題の件ですが、ひとつの断面から改めて整理してあります。日本はマンガが「異常」に読まれる国。国内電子書籍市場1584億円のうちコミックがその81%に当たる1277億円を占めています。マンガは、文字中心の本に比べてデータ量が大きく読み進める速度も圧倒的に速く、そのため、アマゾンの想定を上回るダウンロードが行われたということです。
Amazon担当者はKindle Unlimitedリリース後、「日本人、こんなマンガ読むんかい!」と頭を抱えたでしょう。

記事にもあるように、マンガはサクサク読み進められるので、「10%ルール」の適用数が多くなります。結果として、出版社への支払いが上振れ、立ち上がりプロモーションとは言え、採算が合わなくなってしまったわけです。

ちなみに、dマガジンや楽天マガジンなどの読み放題サービスは、雑誌に限定した読み放題サービスなので、出版社への支払いインパクトがKindle Unlimitedほどではありません。マンガを読み放題対象から外したのが狙いなら、ドコモや楽天の経営陣は流石と言えます。

とにかく今回の件、ユーザーからの信頼損失が大きいです。ここからどうやって挽回するか、見どころですね。
Amazonにとって、もう本は魅力の少ない商材でしょうから
どうぞ、お早めの撤退をお待ちしています。
やはりメジャータイトル、作家を読み放題の目玉として取り上げるのはビジネス的にかなり難しそう。これからのアマゾンの読み放題にも大きな期待はできないのかもしれない。
漫画雑誌を何冊かKindleで購読しています。月刊や隔週刊などで、発売日になると自動で上書き更新されてしまうタイプのもの。その代わりに無料なので、どうしても読み返したい作品は後日単行本が出たら買うというパターンです。

Amazonは聴き放題のPrime Musicもそうですが、肝心の人気作品が少なく、会ったと思ってもオルゴール版など派生モノばかり。

美味しい話はそうそうあるもんじゃないよ、ということでしょうか。
人気だから
人気漫画に集中するのはわかっていたことよね。
少し古いマンガと少々の雑誌で良いなら、月額432円のYahoo!ブックストア読み放題という選択肢もあります。
http://bookstore.yahoo.co.jp/unlimited/
マンガとは関係ありませんが、光文社古典新訳文庫Kindle作品の大半が【Kindle Unlimited】の読み放題対象になっています:
http://amzn.to/2cl7duH

980円/月でこれだけの古典にアクセスできれば、人によっては十分にペイするかもしれません。(個人的には、すでにかなり購入してしまっていたので少し残念ではありますが…苦笑)
ご参考まで!
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績