新着Pick
708Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベルリンが欧州のスタートアップを惹きつけていますが、福岡にはそれに近い魅力を感じます。起業コストが安く、ライフスタイルが楽しい。東アジアのハブになるといいですね。

また、高島市長を始め、政令市の首長はリーダーシップが素晴らしいですね。
一時期は出張で福岡と東京を何度も何度も行ったり来たりしてました。2ヶ月間住んでたりもしました。

空港も含め、コンパクトシティーそのものだし、ちょっと郊外に行けば自然も豊か。名湯にも日帰りで行けるし、九州の玄関口になっているので、九州一円の海の幸山の幸が食せる。
ビジネスについても、日本でアジア大陸に1番近い都市としてオポチュニティも多い。スタートアップの企業が集まり、活気もあります。

これであとリニアが東京から来るようになったら最強ですね!
都心に立地する空港、韓国を始めアジアに開かれた港、東西南北を走る鉄道に網の目状に張り巡らされたバス路線といった高い交通利便性。海と山と自然にも近く、職住遊が極めて近接したコンパクトな都市構造。福岡は単なる物理的な都市としてだけでも非常に高いポテンシャルを有している。

それに外交的で新しいもの好きかつ楽観主義的な市民性、上記のような都市としての魅力に惹きつけられたUターン・Iターン移住者やそこで創業した企業、そして本稿にある行政側からの創業支援が加われば、極めてポジティブなフィードバックループが起こるのも当然と言えば当然であろう。

しかし、私自身、福岡市内で生まれ育ちながら、福岡を離れて既に30年。今でも年に1-2回は帰郷するが、ここまでホットなムーブメントが起きているとは!あらゆる条件面から、福岡が日本の西海岸ベイエリアないしシリコンバレーになる素地はあると思う。今後のこれからの発展を応援しつつ、私自身も今後何らかの形で故郷の発展に貢献していければと思った記事でした。
再来週、実家に帰省する予定があり、いくつか福岡の面白い場所と人のところに伺う予定です。久しぶりの福岡、楽しみです!高島市長は高校の大先輩だし、いつか仕事でご一緒したい方。
シリコンバレーに活力あるのは、結局、儲かっている会社、時価総額が大きい会社が集まっているから。
今までの役所の雇用「数」重視、利益でなく売上規模重視、既存の産業保護重視をやめ、そのリソースを別に振り向ければ、そこそこまで行くのではないかと思う。
最近なかなか行けてない
福岡スタートの起業家はITに限らず、飲食とかでも世界で勝負されてますね。ブランド力がドンドン上がっていて素晴らしい。
そういう意味での西海岸ね。
音楽的には東海岸に近いんだけどね。
モッズとかルースターズとか懐かしい。
福岡は韓国プサンの日帰り圏内であり、中国とも近距離であることが特徴です。中国のおかげでクルーズ船の寄港が急増したことは、私にも驚きでした。新幹線によりヒンターランドも拡大しました。人口が九州全体の中で減少するのですから、九州内の地方崩壊を促進しているのかもしれませんが、それでいいと思います。
「アジア展開ならばとりあえず福岡」というポジショニングを確立できるといいですね。アジア各国とのネットワークを密さがもっと欲しいです。また、多くの海外企業にとって「日本進出=日本市場」であり、それはほぼほぼ東京を意味します。私は名古屋にも東京にも住んだことがあるから関東にいないデメリットをよーく理解できます。福岡にいても日本展開をうまくできる海外企業は非常に非常な少ないでしょう。この部分のサポートがうまくできるようになるといいですね。また、欧州テックハブには産業の集積があり、それを関連するスタートアップが多いです。ロンドン、ベルリン、ストックホルム、ヘルシンキ、タリン、レイキャビック、ミラノ、パリ、マルモメ、オウル・・・それぞれに得意な産業分野があります(英語での資料がたくさんあります。その情報のすべては日本語化されていません。日本にある情報はその断片です)。福岡の得意な産業分野は何でしょう?
この連載について
九州地域で産官学が連携して産業を活性化させようとする「地方創生」連載。地域の独自性を生かしてイノベーションを起こそうと奮闘する姿を、多角的な取材で描きます。