新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大船渡では高潮となり観測以来最大の潮位を観測したほか、三陸沿岸の川では各地で氾濫危険水位を超えるなどしており被害の拡大が懸念されます。

現在の台風の統計は1951年からのおよそ60年のデータで、東北地方太平洋側に上陸するのはそれ以来はじめての記録です。ただし、戦前の記録では1913年に関東地方をかすめて東北地方に上陸した台風があるとされており、これを含めるとおよそ100年ぶりとなります。100年前は、この台風や前後の冷害で北日本では農産物が大凶作となったということです。

さらに台湾付近で熱帯低気圧が発生しかけています。先島諸島や沖縄本島地方では明日夜からあさってにかけて天気が崩れ、その後も熱帯低気圧の発生しやすい状態となります。
9月は九州から日本海を通り北海道に達する、という被害が大きくなる台風が発生しやすい季節です。今回影響がなかった地域でも、9月1日の防災の日を前に、今一度台風や大雨のときに予想される災害や避難場所、避難経路の確認をお願いいたします。
なんとか逃れて東京帰ってこれました
気象庁が統計を開始して以降初の東北太平洋側に台風の上陸。テレビで映像を見ている限りかなり大きな勢力。今後の情報に注意したい。東北の方は是非注意されて、安全を確保していただきたい。
すぐ南の陸前高田でも、大規模なかさ上げ工事が続き、強固ではない地盤の土地が広がっている。雨の被害、気がかりです。