新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドローンの農薬散布には、「危険物輸送」「物件投下」の2つの申請が必要のようです。この手の代行サービスも増えそうですね。
最新の農薬ドローンでは害虫をセンシングしてピンポイントで農薬散布、もしくはトラップで捕獲する技術もできています。佐賀県・佐賀大学・㈱オプティムの共同開発する「アグリドローン」です。まだ自動運転には至っていないようですが時間の問題のように思います。
画像認識の技術向上により、害虫被害、収穫適期発見、さらには位置情報時間情報と併せたデータの蓄積といったところがこれからの農業技術の大きなポイントといえるでしょう。
畑での作業ロスは行ったり来たり人力で歩いて移動することによる点が大きいので、その軽減は大幅に労働時間を削減する可能性があります。
確かに、低コストで農薬散布できるのは大きいのですが…以前、かの宗教団体がヘリコプターで「サリン」を蒔こうとしていた、との報道を思い出しました。
廉価でこういうことが可能になれば
かなり「規制」も強化しないと怖いのでは…?
日本ではすでに無人ヘリコプターによる農薬散布が定着しています。なのでくだらない規制がドローン普及を妨げているような事情はありません。農薬散布用無人ヘリ市場はヤマハ発動機がほぼ独占しています(ヤンマーにもOEM供給)。価格差以外にドローンとの機能的な違いはどこにあるんだろうか?動力源の違いは分かるが。
ドローンは、農業にはうってつけのツールでしょう。くだらない規制を緩和してどんどん普及させればよい。
農業の大規模化への体制整備が進んでいますねー。

企業の農業参入を自由に認め、日本農業の大規模化を推進していくための材料が一つ揃いました。

早急に法改正をお願いします。
ハウステンボスパーク内ではドローンを使った植物工場が建設されるというニュースも報じられています。農業でのドローン活用が身近になる日も遠くなさそうです。
https://newspicks.com/news/1748389
ひろがりそう。安全になるのがいいね
【経済】これはそんなに画期的なことなのだろうか?農家を営んでいた亡き祖父は、四半世紀ほど前にラジコンヘリでの農薬散布を行っていた。ラジコンヘリ自体は個人所有ではなく、たしか農協が貸し出すといったシステムで、近所の農家と融通しあっていたと記憶している。1台200万円ほどとのことだが、農薬散布など年に数回のことのために車1台分相当のドローンを個人購入するとは考え難い。ほぼ毎日のように乗る自動車と比べれば、経済性はきわめて低い。
200万円。ヘリに比べ格安だが、どれくらい需要があるものなのだろうか。ドローンを使えることで農業が変わっていくといいと思う。
株式会社クボタ(英語: Kubota Corporation)は、大阪府大阪市浪速区に本社を置く産業機械(農業機械、建設機械等)、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンのメーカーである。農機メーカーとしては国内首位、世界でも3位である。 ウィキペディア
時価総額
1.87 兆円

業績