新着Pick

世界最大のSWF、52兆円の株式資産を圧縮も-不動産投資増やす

Bloomberg
(Bloomberg) --世界最大の政府系ファンド(SWF)、ノルウェーの「政府年金基金グローバル」は、5200億ドル(約52兆円)に上る株式ポートフォリオの圧縮を検討している。不動産の買い入れを増やし、インフラ投資も図る。
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現時点では利回りが低い債券を売却して、今後は株式からも捻出した資金を不動産に充てる「ニューモデル」を策定中とのこと。おそらくは、まず債券の利回りが低くなって、期待利回りを満たすために不動産を増やし、不動産のほうが債券よりリスクが高いので、リスク量を抑えるために株式を売却して、というのもありそう。
ただ、中国マネー含めて、世界的に不動産自体もかなり上がっている。現金資産の保有も、リスクリターン考えると重要だと思う。ただ個人ならともかく、運用を目的としている期間において効率的フロンティアなど考えても、現金を積極的に持つという選択肢はなかなかとりにくいのではと思う(完全なる想像だが)。
リターンを求めて実物資産の保有割合引き上げ。ただ、流動性リスクを高めるので、リバランスや売り抜けは難しくなりますね。運用資産全体に対してどの程度の比率で組み入れるのか気になります。