新着Pick

グーグル、年内に新スマホ 自社ブランドと報道

共同通信 47NEWS
グーグル、年内に新スマホ
472Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Nexusブランドでのどのような課題を解決するつもりなのか。Nexusで提供出来ていないどのような新たな価値を提供するつもりなのか。そして、それらはNexusでは何故提供出来ないのか。これがわからないと評価が難しい。

Chromebookは様々なベンダーが開発しているAndroidと似た状況だが、Chromebook PixelというGoogleブランドのモデル(日本未発売)はリファレンスハードして、価格競争は敢えてせずに(なので、めちゃくちゃ高い)、パフォーマンスと品質を追求したものとなっている。乱暴な言い方をすると、他のモデルはこれから引き算をして、価格をリーズナブルなレベルまで持っていく。どこを引くか(もちろん多少は出している部分はある。ただし、Androidほどの自由度は無い)でそのモデルの特徴が出来る。このように、Pixelのゴールは明確だ。

比べて、この噂されるNexusでは無いGoogleスマホは何を目的としているのか? Googleサービスを最高に使いやすくというのなら、Nexusで出来ない理由は無い。

1つ想像出来るのは、Pixelと同じような高価格帯のモデルだ。価格帯が従来と異なる時は別モデルにする方がブランディング的にも良い。実際、新興国向けにAndroid Oneという低価格モデルをGoogleは出している。もしかしたら、その対極の高価格モデルを出してくるのだろうか。はてさて。
人気 Picker
どのくらい本気でやってくるか。今さら遅いという声もありそうだが、まだまだプレーヤーが入れ替わる余地はいくらでもあると思うが、問題はどこで差別化するか
デザインとかのイメージはないし、スペックごてごてでもないだろうから、やはり何かしら使い勝手での革新を期待してしまいますね
5インチのスマホの噂がずっと飛び交ってましたね。新型Nexusとの噂もありますので、まだ真偽は不明ですが。
個人的にはとっても楽しみです。

iPhoneを使っていてもグーグルの機能は絶対に外せません。
グーグルだけを使いやすくした機種であれば、(コストにもよりますが)2台目として位置付けることも可能でしょう。

現代は、モノは安くなるけど時間が足らない時代。
時間を買うと思えばモノの値段は安いものです。
数日前から海外メディアで噂が出ていた案件。

GoogleがNexusブランド以外のブランドを立ち上げて、当然生産は委託だろうけど自社で設計・開発をして新しいコンセプトAndroidスマートフォンを発表するのではという話。

Android 7.0以降のコンセプトや方向性、追加機能が決まっていてもメーカーにそこまで開示できないだろうしそれだったら自社で先を読んで必要な機能を組み込んで発売したほうが良さそうですしね。
iPhoneも機能面でほとんど新しい機能がなくなってきたので、あと勝負は非機能面でしょう。サクサク、ヌルッと、というような部分では。
特に検索結果のAMPは衝撃的なページ表示の早さだったので、非機能面に期待。
Googleが今年中に発売するスマートフォンはGoogleブランドのものになるとのこと。今後はiPhoneの大きなライバルになりそうですね。
先日から少しずつ情報が出てきているGoogleの新型スマホ。設計、製造までをGoogleが行い、iPhoneと競合していく商品の開発をしているのではないかとのこと。
スマホは、コモディティー化した。グーグルにとってあまり賢い戦略とは思えない。
対iPhoneの為にハイエンドで高価格になれば、購入出来る人は限られてきます。
本当にNexusではないGoogleのスマートフォンが発売されても、iPhoneと販売台数で肩を並べる事は無いでしょう。
Googleがあれば他はいらないとはならないし、期待し過ぎな感がある。

OSがandroidであるならNexusとの差別化を図るのは容易ではないと思います。
去年に発売されたPixel Cは端末自体の評価は高いが、Nexusという名前で無いだけで、実質的にはNexus 10みたいになっていたし。

GoogleがNexusブランド以外で発売するのなら、Chrome OSと深く連携出来る様な、他社には無い独自の端末にするくらいでないと、それってNexusとどう違うの?、となってしまいます。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア