新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

98Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は世界史的観点から入り、歴史から学ぶ重要性、さらに澤田会長の経営哲学までお話いただきました。
たいへん貴重な聞かせていただき、深く感謝しております。
文中で言及いただいているのは、この五月に発売されたばかりの拙著『敗者烈伝』についてです。
敗者から歴史を学ぶことにご関心がある方は、ぜひお手に取って下さい。
経営者の失敗本、長いお休みの時に気を引き締めるために読むようにしてます 

【失意泰然】大切ですね 特にビジネスでは、死なない(会社が傾かない)程度にチャレンジして、失敗するのが大切 起こってしまった失敗についてがっかりするのではなく、学べるチャンスと感情的にならず検証する心の強さが会社の強さになる 

<以下、引用>
澤田:失敗しても致命傷にならない限りは、何回かやっているあいだにきっと勝てますから。逃げてでも、また反撃すればいいのです。

伊東:若い人には失うものがない上、やり直しがききますから、失敗を恐れずにやればいいと。

澤田:ええ。恐れずにやらないといけません。だからといって、経験値は少ないわけだから、失敗の確率もけっこうあると思います。その時には、やはり失敗から学ぶことが大事です。
連載ありがとうございました!

いつ講和するかで時流が変わってしまうのも、歴史から学べる大事な視点ですね。勉強になります。
澤田さんと同意見。本当の問題は意思決定システムの機能不全について日本はきちんと整理をしてこなかったこと。日本のエレクトロニクスが負け続けたのは円高だけではないだろう。
人と金のバランスの重要性。

金がねぇ・・・
「歴史」を過去の出来事、と限定しないで、それを振り返り本質(コア)を学び取る。そして「失敗」だけでなく「成功」からも学び、次につなげることが大切だ、という力強いメッセージを受け取りました。今、企業や自分が直面している(または近い将来直面するかもしれない)課題を解決するためのアプローチを歴史(過去)から学べるというのは、世の中のダイナミズムを感じさせますね。
細かい1つ1つにツッコミたくなるのは置いておいて、やはり歴史からは学ぶことがたくさんあります。ありすぎます。
その中で最大のものはやはり中国の古典。裏切り、虐殺、ホントに凄まじい歴史を何千年も前から繰り返してる。何をすべきで、何をすべきではないか。
この連載について
ビジネスを成功させる上で欠かせないリーダーシップは歴史から学ぶことができる。企業を牽引するリーダー達が、学んだ歴史を実際にどのように活かしているのかを探ってゆく。
株式会社エイチ・アイ・エス(英語: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。 ウィキペディア
時価総額
2,193 億円

業績

株式会社ユーザベースは、経済情報に特化したニュースキュレーションサービス及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォームを提供している日本の株式会社である。 ウィキペディア
時価総額
364 億円

業績