np_global_04_01 (1)

カイラシュ・サティヤルティ氏(1)

8.5万人の子を強制労働から救い、ノーベル平和賞を受賞した男

2016/5/29
 今、日本と世界は大きな転換期にある。そんな時代において、世界レベルで飛躍する、新時代の日本人が生まれ始めている。本連載ではビジネス、アート、クリエイティブなど、あらゆる分野で新時代のロールモデルとなりえる「グローバルで響いてる人の頭の中」をフィーチャー。経営ストラテジストの坂之上洋子氏との対談を通じて、各人物の魅力に迫る。第4回は、2014年にマララ・ユスフザイさんとともにノーベル平和賞を受賞した、カイラシュ・サティヤルティ氏と対談。
※世界の子どもを児童労働から守るNGO ACEの活動はこちら

家庭では完全降伏

坂之上:今回のゲストは、2014年にマララ・ユスフザイさんとともにノーベル平和賞を受賞した、カイラシュ・サティヤルティさんです。

カイラシュ:日本の皆さん、こんにちは。

坂之上:まずはウォーミングアップの質問から、短く答えていただけますか?

カイラシュさん、ご自分の長所はどこだと思われます?

カイラシュ:子どもっぽいところではないでしょうか。