新着Pick
428Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、完全素人集団(食企業ですらない)ながら、トマト農業に参入されたご支援先がいらっしゃいます。
1反20トンが業界平均と言われる中、初年度は25トンスタート。3年目には50トンが見えています。完全機械化農業ですが、収量は既に平均値以上。
では品質は?という部分ですが、大玉で市場に卸すと300円以下/キロが、直販で700円/キロで売られており、初年度で黒字化、単月だと営業利益率30%を超える月も。
機械化やマーケティングの視点が無かった産業だからこそ、強く可能性を感じます。
期待したい。一方で、米国などは大規模農業が盛んで、よりROIやデータ化を企業単位で進めている。勘と経験でやってきた産業をデータ化するなかで、一番のハードルは、それをデータ化するというハラククリというかマインドセットだと思う。少子高齢化するなかで、勘・経験をデータ化することは効率化だけでなく次世代への継承という観点でも重要。スピード感もって進むことを期待。
農業の効率化というと、これまではひたすら大規模で機械化を進めるものだったのが、この数年急速にIoTで細やかにという新しい方向が見えてきました。
日本に得意な方向性ではないかと期待しています。
IT x 農業と言うのはここ最近特にニュースが増えてきているジャンルですが、勘と経験が最も大事なことですが、それをデータが支えることができるようになってくれば、さらなる向上が見込めるだけに期待したい。
食料供給としての農業がロボット化していくのは必然として、一方で文化や生き方、レジャー、エンタメ、嗜好としての「農」も多様な展開を見せると踏んでいます。私は後者の方のトップランナーを目指しています。
技術的にはずっと前から知ってるんだけど、やっぱ資金が無いと後から追いつかれるなぁ……。特に日本の農業系にはベンチャーよりも大企業の参入の力のほうが強い。全国的な課題だからね。
一応、こういう流れになることは予測して戦略を立ててるんだけど、一番重要なのはコスパ。現状の量産体制では日本のほとんどの農家が導入できない価格にしかならない。
一方で施設園芸に関してはオランダ方式を参考にして企業の力が台頭していくだろう。でも向こうからコンサルと呼ぶと50万/日なのでどうなのかね。
誰か北海道でドローン飛ばすバイトやってくれる人いないかなぁ……。
農業デバイスのスタートアップ「笑農和」の話を聞いたときは課題の場所と市場のデカさにワクワクしたなぁ。旧体制があって難しい分野だけど入りやすくなる時流の本波がもうすぐ来ると見越して今仕込んでるのは良いタイミングだと思う。
ドローンはうまく取り入れていきたいですね
単に監視できるだけでもいい
Internet of a firm(or agriculturefarming)ですね。