新着Pick
602Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
DMM.makeAKIBAから、Orpheという靴メーカーがデビューするよ。アディダスのロボットには効率で勝てなくても、人間様のクリエイティブでは負けないぞ〜!http://matome.naver.jp/m/odai/2142625949390210601
これはかなり気になる動きで、特に下記部分は注目。試験生産時点でのロット数、500足というのはどれくらいの期間でそれを生産したのかわからないが、一般論としてロット数としてとても小さいと思う。そしてその試験生産実験をもって数百万足という大量生産へ移行するということは、おそらく小規模生産可能な仕組みを大量に入れるということ。だから「速く」という言葉も出てくる。
靴は衣服ほどではないがトレンドがあるし、在庫管理が一つのキーのビジネスという認識。そのうえで、即納できるようになれば、動向に応じて生産をフレキシブルにできるので売り切りにつなげることができると思う。そうすれば、値下げすることを減らせるのでブランド価値も上がる(値下がりするブランドは一般論として買いたくない)。またトレンドを最後まで見極めて投入ということもできる。加えて、カスタマイズしたモデルもできるかもしれない(これは個対応なので、そこまで考えた工場かは分からないが)。
PCでも、IBMやHPが「日本生産」を売りにとした短納期モデルもあるが、それとも似た発想だろう。
『最新技術を誇る4600平方メートルの新工場はまだ建設途中だが、アディダスは完成を待たずに公開した。現在アジアで主に手作業で行っている靴製造を自動化することにより、より速く、しかも販売店からより近くで生産が可能になるという。
新工場は試験的な第一弾として約500足を出荷し、今年第3四半期に発売する予定。来年には大規模な生産を開始する予定で、また米国でも第2の「スピードファクトリー」を計画しているという。』
どんどん複雑な作業もロボット化していくので人の仕事は減っていく
これ自体は去年から繰り返し報道されているが、ポイントは昨年来から報道されているように、3Dプリンティングなども活用した個品生産に対応する可能性があるというところ。ロボット工場というところはもはやコスト比較だけの話なので時間の問題であったが、それ以上に販売現場と直結させてカスタマイズされた靴を販売するとなると、事件。
楽しみでもあり、脅威でもある。

例えばこの記事
http://www.footyheadlines.com/2015/12/adidas-unveils-speedfactory-adidas-first-automated-shoe-factory.html
記事には、「スピードファクトリーが、直ちにアジアの下請け業者に取って代わることはない、と強調した」とあります。でもよく見ると、「取って代わることはない」の前に、「ただちに」とある。
…そう、いつかは取って代わられる。もはや「規定路線」なわけですよね。

昨年のNRIの予測にも、「いまあるすべての職種の49%が、近い将来(2030年ごろ)、AI(含:ロボット)に奪われる」とあります。さらに先日、NHKスペシャルでも紹介されていたとおり、AIの進化は予想をはるかに上回るスピードで進行中。
単純労働は、早ければあと5年~10年後に、どんどんAI化されていきそうな勢いですね。
ナイキよりも早く公開する、という焦りからなのか、工場完成前に公開。人件費高騰と工場移転のイタチごっこに終止符うつためにも、完全オートメーションのモデルを構築しようとしているのか、この動きは大変気になります。
労働集約的な産業の代表であったアパレルが自動化されるのは衝撃的ですね。

「スピードファクトリーが直ちにアジアの下請け業者に取って代わることはないと強調した。」とありますが、「直ちに」というのがミソでしょうね。

コストもそうですが、雇用や人の管理など、サプライチェーンの人権・労働安全衛生がグローバル企業の大きな課題になっていますので、それへの対応策という面も大きいのではないでしょうか。
リードタイムを縮めるには、生産より原料調達の方がボトルネックでしょうね。さて、靴製造ロボットのクオリティが上がって、ビスポークのドレスシューズをイタリアの靴職人より上手く作れる様になった時、人類はそれに高価な値段を付けるのだろうか。
ロボットを使って、ZARAの多品種小ロット生産と世界共通のタグ管理による流通販売システムを組み合わせるイメージに近づこうとしているのかな。
ただ、当然アディダスは直販比率は低いはずなので、どこまでこの試みが行けるのか。
オールデンのコードバンのVチップとかを機械で作れるようになると、完成物は一緒でも、ストーリーがガラリと変わってしまいますな。
そのときに、数値化できない「職人の想い」みたいなものが数値化されていたらわかりやすのにと思う。草木に感情がある、みたいな話だけど。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.88 兆円

業績

業績