• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

副業の解禁は、社員にも会社にもメリットがある - 組織の病気~成長を止める真犯人~ 秋山進

ダイヤモンド・オンライン
255
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • Kino Kosaku
    通信業 Interaction Design Reseacher

    生産効率の悪い職場が駆逐されないと、副業できる時間とエネルギーが限られてしまいます。


注目のコメント

  • 藤沢 烈
    一般社団法人RCF 代表理事

    副業ではありませんでしたが、私もコンサルタント時代に業務外でETICやかものはしプロジェクトといったNPOを支援した経験があります。その経験が、独立に繋がりました。


  • 小宮山 利恵子
    badge
    スタディサプリ教育AI研究所所長、東京学芸大学大学院准教授

    会社として副業OKでも、実際に社員が副業を始めた際に環境が整備されているかどうかが重要では。例えば、リモートワークの充実や、社員全員が副業に対して共通の認識を有しているなど。

    私自身、東洋経済オンラインのライターなど兼務させて頂いていますが、会社や同僚の理解があって出来る活動。記事にある通り、リクルート以外でも人との出会いがあったり、動くだけセレンディピティー的な機会は増えます。


  • 藤原 敬士
    金融/法律

    職業選択の自由があり、休日は自由に使って良いので、副業はOKというのが、建前としての法律上の原則です。
    ただ、今のところは、おそらくほぼ100%に近い企業が、常勤社員について、副業は会社の許可を得ない限り禁止と就業規則に定めています。そして、そのような就業規則の定めは、企業秩序維持のための必要性から、合法であり有効、このように解されています。

    副業が視野を広げるのは間違いないのですが、①副業を認めてもらった人とそのままの人との公平感、②時間外、休日にも実際には勤務を命じざるを得ない就業状況、③守秘義務を強く負う会社は漏洩や情報悪用の心配、などから、普通はOKに踏みきれないのでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか