新着Pick
94Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今夏行われる野球のU15W杯でベネズエラ代表として来日予定のモチベーションコーチに現地で取材した際、「コーチは、選手が成長するためのシステムにおける一つのツールだ。だから、怒鳴りつらしていては上手くいかない。子どもたちに敬意を払うべきだ。子どもたちも同じ人間だから、自分も一緒に成長していかなければならない」と話していた。水沼先生も同じ姿勢のように感じる。
ブレない素晴らしい信念。

人として凄い。
トップがまず見せる姿勢は大切です。
これは仕事の組織にも共通します。

先日、勉強会をした病院でもやはりトップが言うだけでほとんど動いていなかった現状がありましたので、その方々向けに話をするように努めました。
終わってから「私に当てはまることばかりで明日から気をつけます」と言われ、少しでもプラスになってくれればと思いましたね。
この連載について
高校野球で長らくはびこってきた上意下達式の指導ではなく、自ら考えて成長できる球児を育てようとしている高校野球指導者について、その取り組みを掘り下げる。