新着Pick
245Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、オフィスビルの市場動向を中心に、総合ディベロッパーがどのエリアで再開発を計画しているのかをまとめました。思った以上に、各社が今後注力するオフィスビルの事業展開エリアに違いがありました。また、2020年にかけて大規模建て替えなどを含め新規供給量が増えていきますが、需給バランスの崩れが心配です。

なお、人口や世帯数は今後減少が予想されており、住宅分譲事業についても同様の懸念がされます。機会があれば、住宅分譲事業についてもまとめたいと思います。
下記は混雑状況を推計するシミュレーターに関する記事。道路交通情報の取得についても技術開発は進んでいます。データが集まれば、今後の各社の戦略にも違いが出てくるかもしれません。
https://newspicks.com/news/1496758
次は通勤状況を分析して、都心への居住需要の変化と郊外部への影響を分析してほしい。国土交通省が驚くような冴えを期待します。
東京駅周辺では三井不動産が八重洲に多くの案件を抱えていますが、八重洲側は丸の内側と比べて土地が細かく地権者が多いので、再開発はかなり大変な地域(Google mapを見るとよくわかります)。
しかし需要は非常に高いですし、完成すれば八重洲のイメージはかなり変わりそうです。
虎ノ門再開発もかなりの規模、景気の先行きが不透明になってきた今、過剰投資の懸念はないか? http://japan-indepth.jp/?p=27072
ビル多い印象が建て替えも以外に多いですね。記事にあるようにいずれ空室率上昇と騒ぎ出すのでしょう。
その昔NYのビルを日本の企業が買ったように、東京のビルも中国人に買われるのだろう。地震対策は十分なのだろうか?テロ対策はどうなっているのか?
家賃収入で儲かるだけの人のビル建設は、もう時代遅れ。
オフィスビルは概ね実需に支えられているので安心ですが、マンションは投資や節税目的で買われることが増えているようです。
バブル期とまでは行かないまでも・・・マンション購入には慎重であるべきでしょう。
総合ディベロッパーが案件を獲得していくプロセスが気になります。
広告代理店のようにコンペが行われるのかな?
コンペがオープン&住民参加型に行われるようになれば、もっと魅力的な再開発計画が生まれそうな気がします。
全国の再開発に関するレポートを見たいです。こういったグラフィックを用いたレポートは数字だけのものよりもとても見やすいので助かります。
そういえばこのレポートを見て気になったので調べたのですが、大阪駅目の前の再開発プロジェクトが遅々として進んでいないと思ったら2020年着工だったんですね(遠い目
これは凄いデータですね。

東京だけじゃなく、新潟でもこんなデータとれてるんだろうか?
この連載について
企業・業界分析プラットフォームのSPEEDAを活用し、アナリストが企業や業界、分析手法について解説・分析をします。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア