新着Pick
123Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
滝川クリステルはハーフのイメージでなく竹久夢二の大正美人なんだよ、と説明しても、竹久夢二って誰? っていうようでは困るのだ。東京五輪招致はそこまで考えてやっていた。
“超人間”時代のメディア環境になってもコンテンツがバカだったらしょうがない。日本人に足りないのはリベラルアーツ。生死のリアリティのないディズニーランドのなかで安閑としている。笑わなければいけない、と思い込んでいるのは日本のテレビだけだ。
テクノロジーは発達しても「コンテンツはバカなまま」との指摘には納得するとともに、反省させられました。「国家がなくて、社会しかない」との分析もおっしゃるとおり。

単にテクノロジーに適応するだけでは不十分。既存のメディアよりクオリティの高い内容を、公共を担う覚悟をもって、新しいテクノロジーに合った形で発信できた時、メディアが本当に変わるのだと思います。
お笑い好きで、年末年始にテレビで放映された番組をどう消化するか悩ましかったです。お笑いはお笑いで高度な知的作品だとも考えられます。ただ、報道は速報性や詳細な点を確認したい時に海外のサイトを見に行くことが多いですね。その時に、「もしこれが日本で起きていたら」「過去はどうなっていたのか」など考えます。NPの記事を拝見していると、そのことを考える機会が多いのですが、テレビだけだと確かにエンタメが多いので、自ら見ようと思わないと機会は少ないかもしれません。

一方で、池上彰さんの解説つきの時事番組は視聴率が良いと伺います。それをきっかけとして深掘りする人が少ないということも含めて、「ディズニーランド化」と称されているのかもしれません。
NPはディズニーランドではなく、リベラルアーツを学べる稀なSNSだと思っています。また日本語によるコミュケーションですので、グローバル化は望めませんが、その一方で、日本の国家観を養い考える場にもなり得ると思っています。
確かに、特に地上波テレビは、「お笑い」で溢れている…。

極論かもしれないが、日本人と国際結婚した外国人インテリ層に、良く下記を言われる。

「日本のテレビは、日本人を阿保にしようとしているのか?」

「日本語の分からない俺・私から見ても、そうとしか思えないような内容が多い気がする…」

メディア業界に携わる人間として、自戒の念も込めて…
テレビでやってる県民性とかって立派な教養だと思うんだけど。
ついにこの特集も明日で終わりですか。読み応えの記事が多かった。自分も書かせてもらったが、半年から1年くらいは新鮮な内容なので、何とか今後も色々な方の目に止まるように、編集部の方には工夫していただきたいと願います。モッタイナイの精神で!
戦後体制や教育で国家観を失われているのは事実だが、ネットグローバルの時代に国家観の重要性は希薄化してる。全体教育しかり、税金の徴収しかり、個の思考の尊重やそれ自体の喪失の方が危機的。
日本のテレビをつけるとお笑い番組か歌の番組しかない。これを見て育った子供が将来有能になれるはずがない、夢も目標もないサラリーマンへ一直線。日本でイノベーションが生まれ難いのはメディアの影響が大きいと思う。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称:OLC )は、米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとフランチャイズ契約により東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する事業持株会社の基幹企業であり、不動産業も兼ねる。 ウィキペディア
時価総額
6.00 兆円

業績