新着Pick
569Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
教員は生々しい金銭の話を避けたがる傾向にあります。
「ビジネスについて教える」と言うと、「銭感情の話か」と嫌がる教員は少なくありませんので、こうした授業は素晴らしいと思います。

私が以前、市内の小学校に行って生徒達と意見交換会をした時のこと。「市長に質問はありますか?」の先生の問いに1年生が「市長って、お給料、1ヶ月にいくらもらえるんですか!?」と質問。慌てる先生たち。
私はどう答えるか悩みながら、「月100万円貰っています。ただし、千葉市の財政は少し厳しいので3割ほどカットしています」と答えました。

ネットで調べれば分かる時代、隠しても意味がありませんし、ざっくり答えたのですが、子どもにとっては100万円は大金です。どよめきが起きました。
その後、どのような仕事をしているのか、毎日どれくらい働いているのか、などの質疑応答を経て、子どもたちも市長という仕事がどのようなものか少し分かったようです。

その後、作文が各クラスから届いたのですが、その中に「市長は凄いですね。月100万円も貰って。後で先生に給料を聞いたところ月300円とのこと。凄い差ですね」と。
このような内容が他のクラスにも散見され、どうも教員間で示し合わせていたような感じでした。

未来を担う人材を育てる教員が月300円の仕事だなどと伝えないで欲しいですし、そもそもこのような金額を言うこと自体が子どもに失礼ですし、これでキャリア教育など推進できるわけがありません。
仕事とは、人のため社会のために自分なりに役立つことであり、その役立った割合に応じて報酬を得ることが仕事のはずです。違法なことや人を悲しませることで報酬を得ることは不適切ですが、報酬を得ること自体は何ら恥じることではありません。

私は教員の集会では必ずこのエピソードを紹介し、「仕事感をしっかりと子どもに伝えて欲しい」「社会で最初に出会う親以外の社会人は教員です。教員の仕事に臨む姿はあらゆるキャリア教育よりも子どもに影響を与える」「クラス全員が将来の仕事に"教員"と書くくらい輝く背中を見せてほしい」と伝えています。
ぼくも出来ることなら、初等・中等教育で金融や経済学を学びたかったです。少しずつ独学で勉強するものの、やっぱりきちんと習いたかった。
何より、「お金」に対するネガティヴイメージを払拭する最高の契機だと思います。
経済学を学び始めるのに適した年齢は?
あれこれ考えてみると、小学生では早すぎるように思えます。
実際に多くのモノを買って「得をした」とか「損をした」という程度の実感が必要だとすれば、せいぜい高校生でしょうか?

経済学が実生活に役に立つのは実生活の経験があってこそでしょう。
大学からでも、中年からでも・・・決して遅くはありません。

最低限、読み書き算数が出来てからね。
それこそが経済社会に生きる最低限の知識ですから。
日本ではこれができる先生がいない。
人数と情熱の両方。
情熱を持っていても、がんじがらめの指導要領じゃ無くなっていく。子供も知識じゃネットがあるから負けないしね。
コーチング能力と充分な人数をかけられないとだめなのに、少子化だから予算削減なんてしてたら情熱がある先生からやる気を奪う。
組織って、やる気のない人がサボってるとついつい、もっとやれるだろと考えて、予算を厳しくするけどそうするとサボりは変わらす、やる気のある人に負荷がかかって創造性の時間を奪うんだよね。
少子化をチャンスと捉えて、やる気のある先生にこういう仕事に専念させたらいいと思う。
こういうのとってもいいですよね。ビジネスとか、市場とか、投資とかは、座学で退屈な事業を受けるより、まずはゲームで体感する方が早い気がしています。また、多くの人が結局ビジネスにかかわるにも関わらず、高校までそのあたりは全く触れない(最近は少し違うんですかね)
「政治経済」という教科も経済史だったりが中心で(それも重要だとは思いますが)実際の企業活動が想起できるものはないですね
まあ、キッザニアがあるだけで、最近の子供はだいぶ違うのかもしれませんが
数年前のことですが、某NPO法人からの依頼で小学生に欧州債務危機を教えたことがあります。その時は、小学生のお父さんお母さんにギリシャさん、ドイツさん、フランスさん、イタリアさん、IMFさん、EUさん、ECBさん等々に扮してもらい、何とか理解してもらった記憶があります。
【教育】幼少時からの経済学教育はリテラシー形成の観点から必要だと思うが、アメリカでこれが市民権を得つつあるのは、アメリカが金融大国であるということとも無関係ではないだろう。経済学教育の背景には金融業界からの要請というものもありそう。日本の場合、経済学教育は子どもよりもまず大人から必要であると思う。経済学に限らず、子ども向けのニュース番組が大人にうけてしまうくらいの国なのだから。
経済というよりは、まずはお金がどんなものか、それを、知ることからではないでしょうか。

そして、ゲームを通してでも何で教えるにしても、教える方の力が問われます。

日本ではまだお金についての教育がされていません。
働いている大人でさえ、お金について学ぶ機会が少ないのが現状です。
まずは大人から学んでいき、それを子供が見ることです。
たとえ、学校で習ったとしても、家に帰って、
「お金は使っちゃいけない」
「お金は汚いものだ」
「お金は汗水たらしてもらうものだ」
「お金を欲しいと言っちゃいけない」
「お金のことは話しちゃダメだ」

そんな風に言われ続けたら、学校で習ったとしても、それが身につかないでしょう。
教師だけじゃなくて、親、大人が学ぶことからではないでしょうか。

お金について、お金の本質を学ぶには、インベスターZなど、分かりやすく、かつ正しく書かれているマンガや入門書から入って、実際に体験していくことをすすめています。

お金について正しく習ってこないことが、経済的な理由でのうつや自殺につながっている部分もあるはずです。
この記事のコメント欄を見て改めて、
少しずつでもお金の教育が普及していくための活動を続けていいんだなと思わされました。
経済学は学問でもあるが、思想でもあり、「理論」の多くが実際には仮定である。それをあたかも真理であり理論であるかのように教え、経済学的な考え方が「正しい」と教えるのは、初中等教育ですべきことではない。経済学の恣意性が理解、批判できるようになってから自らの意思で学ぶべきだろう。家計管理や預金についてなどの金融教育とは全く性質を異にするものである。
金融や経済学に限らず子どもにとって興味関心のハードルが高い分野の学習にゲーム性をもたせるのは有効な手段ですね。
日本でも取り入れるべきだと思いますが、それ以上に教員資格に社会人経験ありに限るとの要件を設けるほうがより大事かと。
社会経験がない教師にこういった実社会に則した授業をされても学生は白けてしまうのではと思います。