新着Pick
169Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「日常生活のどんなことに対しても全力を尽くす癖をつけていないと、いざ試合の時に全力を尽くすことができない」

辻秀一さんの「スラムダンク勝利学」にでてくるのですが、大好きな言葉です。

この前橋育英高校の、

《授業をきっちりと受け、服装を整え、時間を守る。寮や部室をきれいに掃除するという、ごくごく平凡なことだ。それを日々の積み重ねとして温めたのだ。》

《野球が好きだからこそ、それ以外の時間を大切にする。そうすることで、より野球をやっている時間が充実すると考えているからです》

という取り組みを読んで、まさに日々全力が実践できているなあと思いました。
凡事徹底。いい言葉だな。しかも理にかなってる。
野球をやるのは1日4時間。残りの20時間は野球以外の事をやる。確かに!
いい先生やリーダーは合ってるか間違っているか、よりも、そもそも自分の言葉で語ってくれる。
アマチュアは監督の差が大きい。その理由は技術指導以外の要素が大きいからなんだな、と実感。
高校生活は3年間しかないけど、その後の人生はもっと長い。この短い3年間の間に掃除のような基本動作を覚えることは最高の宝物だと思います。高校野球に賛否両論ありますが、これこそまさに野球を通じた人間教育ですね。
前橋育英野球部の荒井監督には個人的にも取材したことがあるが、「同じことをやり続けるから、小ささな変化など、違和感のあった時に気づくことができる」というのは納得。淡々とやり続けて、じっくり力を蓄積させていく強さを感じました。
どんな天才も大成する人は徹底的に努力をする。当たり前のことを当たり前にやり続ける、これが一番難しいと仕事をしてても痛感する。凡人でも努力し続ければ皆が羨むような能力を得られるということをいかに新人に理解してもらうことができるか、それによって世界が広がる楽しさを伝えられるか、これによって育つ人材の量は変わってくると思う。「凡事徹底」とはすごくいい言葉。
この連載について
高校野球で長らくはびこってきた上意下達式の指導ではなく、自ら考えて成長できる球児を育てようとしている高校野球指導者について、その取り組みを掘り下げる。