新着Pick
352Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
私が書いた記事です。いきなり!ステーキの成功と、今後の課題を通し、日本の食文化の変化を描きました。
高い原価率を客の回転数で補うという手法は見事ですね!
高級ステーキはゆっくりとという一種の常識を覆した発想です。

逆に、原価率の低いもの(立ち食いそばやハンバーガー)を、豪華な雰囲気でゆったりと・・・というのもニーズがあるかもしれませんね(笑)
全体的に原価率を高め回転率で勝負するモデル(俺のシリーズやいきなりステーキ等)。メインカテゴリの原価率は高めるが、交差原価で調節するモデル(鳥貴族等)。専門性とお値打ち感は共通のテーマです。
成功の裏にはやはり創意工夫がある。それにしてもステーキを簡単に短時間で安く食べられるのは若者には受けるでしょう。うちの息子もいきなり!ステーキの愛好者です。
登場して数年の「いきなり!ステーキ」を大成功と判断するのは早計。運営会社の本業の「ペッパーランチ」も成功から失敗へと評価が一転。三光の「東京チカラめし」もまた。そもそも外食の一業態の好調をスーパードライと比較して称賛する本記事のレベル感。

・・・誤植を訂正しました
行ったこと無いが、立ち食いは嫌い。立ち食いそば・うどんが限度。何が悲しゅうてステーキやフレンチを立ったまんま食わなあかんの?とくするのは回転率あげてるお店側。食べるという行為を餌を食ってるような雰囲気のものにしたらあかん。
まさに今、いきなりステーキで肉を待ってる時にNPを開いたらこの記事があって笑った。ようやくゴールドカードになりました!
いろいろな目新しさもあって、来訪する人が増えていった。私も一度だけ、そのトレンドの波?にのって、店へ往訪しました。
何だかエンターテイメント施設に行くような、ワクワク感を抱きながらお店へ行ったのを記憶しています。

ペッパーランチが業態変革で、いきなりステーキに鞍替えすることで、少々新鮮さを失いつつあるのでは無いかと感じています。
こういうユニークネスな業態に、ドミナント戦略を当てはめるべきでは無いと感じますし、今後このどのようにしてこの勢いを加速・持続させていくか楽しみにしています。
この前いった。ステーキ、食べたい分だけ食べられるのはホントにいいことだと思う。明朗会計だし。
しかし500と言ったのに650近く切ってくれて、そのまま焼いてもらったんだが、上手くアップセルされたと思わざるを得ない。
以前、いきなりステーキのヘビーユーザーが、ポイントに関する不満をブログに掲載したことに対しても、迅速かつ丁寧に対応していましたね。こういう姿勢も大切だと思います。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
3.51 兆円

業績

アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア