新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うちの小学生の息子が都内の少年野球チームに入っているんですけどね。最近の少年野球は指導方針がアメ派とムチ派に二極化してるそうです。
息子のチームは完全にアメ派。
良いプレーは全力で褒めるが、ミスを野次ることは厳禁。これは選手もコーチ(選手の父親)も御法度。
練習中にミスをしたら罰ゲームはあるけど、決して懲罰的なものではなく、ちゃんと練習を兼ねたもの(素振りとか)。
あとこれは基本ですけど、大きな声での挨拶とか迅速な整列ができていないとちゃんと叱る。

で、この少年野球チームなんですが、かなり強いんです。都内では有数の強豪チームで、全国大会でも良いところまでいく(プロ野球選手の息子がわざわざ遠くから通ってます)。
褒めるのが良いかどうかという話から少し離れますが、このチームが強い秘訣は、基礎練習だけやるのでなく、キャッチボールができてルールさえ理解できれば、小学2年とか3年生くらいからガンガン練習試合するんです。
相手チームがいればどこまでも行って、年間150試合とかこなす。
それから、どんどん飛び級させる。3年生チームの試合に1年生が出ることもある。

このチームは発足から40年経っていて、ずっと同じ人が指導してるんですけど、その方曰く、勝つという成功体験を得ることが1番大事。そのための最短ルートは実践の積み重ねなんだそうです。
【追記】
未来さん。確かにFacebook的なコメントを多発している自分に気がつきました…。子ども語りネタは「おっさんホイホイ」!引っかかったよ!
小学生の娘の〇〇と娘の友達との会話を聞いてしまった。「〇〇ちゃん歌うまいね。歌手になったら?」「ならない。歌なんて世の中にはうまい人は山ほどいるし、歌を仕事にしてもお金にならないけど、歌はうまいと仕事には役立つんだって」それ私の言葉だ。(^^;; 自己肯定感を育てる教育は難しい。
この本、とっても良い本なんだけど、タイトルが嫌い。大嫌い。本を読まずに「ほめると子どもはダメになる」というタイトルだけが一人歩きしてしまうと、「そうか!褒めない方がいいのか!」という間違った認識が広がってしまう。

大事なことはシンプルに一つで「子どもをきちんと観察しなさい」ということ。むやみやたらに褒められても、子どもはちっとも嬉しくないですが、適切に努力し、成長したら(できないことができるようになる)褒める、人の道から外れたことをしたら本気で叱る。

「ほめると子どもはダメになる」というタイトルに引っ張られずに、ぜひ本を読んでみて欲しいです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4106106477/souta609-22/
褒める役、叱咤激励する役と二役、夫婦で分担する、もしくは交代で担うといいのではないでしょうか。

私の父は勉強の大切さを教えてくれましたし、母は徹底して褒めてくれました。

自分なんかまだまだだと悔し涙を流しながら、勉強し、結果が出れば母が褒めてくれる。父に褒められるのはそれ以上の喜びでした。

また、人によってストレス耐性は違うので厳しくすることが反ってマイナスに働いてしまうこともあると思います。そして皆に共通して言えることは誰だって褒められて嫌な気持ちになることは少ないということ。十分に励みになると思います。
嫌われる勇気を読むと良いよ
褒める、という視点がどうかな、と思います。幼少時であれば、なにかできたら褒める、という単純なことでいいのですが、小学生になったら、子どもを1人の人間としてみたら、何かを頑張った、結果を出した、ということに、素直に「すごい!」と尊敬すると思うのです。それをそのまま表現すればいいのでは。
また、結果だけに着目するのはよくないとしても、きちんと結果を出したのなら、そこに敬意を払うことは、まっとうなこと。
ただ、子育てに正確はないですから、試行錯誤していくしかないんですよね。
褒めるか叱るか認めるか。

うちでもよく記事のテーマになるのですが、一周回って、割とどうでもいいのではと思えてきました。
何より子どもが自分で自分のことをどう思っているかが本来中心にあっていいはずで。それなのにいつの間にか大人がすべき事のしかも相当テクニカルな話に終始してしまうこの感じが、子育てにおける大人の影響力の過信みたいなものを生んでいて、それが割と子育てをこじらせている原因かも知れないと最近思ったりします。
子育てほど面白いものをアニュアル化させてしまったら面白さ半減です。基本、食事をして睡眠とっていれば育つわけですから、あとは楽しくやればいいと思います。
前にも同じような記事がありましたが、何でも褒めればいいわけではなく、また通り一遍のやり方では育つものも育ちません。
それに褒め方にもスキルがあります。
正しい知識で正しい褒め方、これをまずば企業や教師が学ぶ必要ありますね。
自己肯定感や自己効力感を育む。といっても、親としていつもできるわけでもないし、こだわりすぎず、ちょっと意識して付き合うくらいで良いと思う。