新着Pick
522Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スーパーボウルだからできた、アメリカだからできた、はウソです。小さくても金がなくてもマイナーでも可能です。違うのは規模ではなく発想です。つまり日本でも、日本でこそ可能です。今度解説します。
NFL Experience cityが開催されているので行ってきました。

VRでの体験、モニターで選手(ゴースト)を映し出して40ヤード走勝負などなどまさにテクノロジー×スポーツで楽しめました。

そしてUBERはこの週末にストを予定しているみたいですね。 手数料30%〜35%ほど取っていて、運転手間では不満があるみたいです。。
移動の際に重宝していたので週末は大変そう、、
皆様のコメントで言い尽くされているのでちょっと別の角度から。確かにSAPは、シリコンバレーで「外国企業」としてほとんど唯一、存在感をもち業界でリスペクトされているIT企業です。他には少々別のカテゴリーとしてソニーも入れてもいいかもしれない、ぐらいのもの。

シリコンバレーに再進出する日本企業が多い中、SAPは事例として貴重です。

あと、人材活用については、ここにあるように日本のおもてなしは個人技に頼りすぎで、うまくいかないことを従業員個人の責任にしすぎ。それは個人のレベルが高いという面もありますが、経営している側がちゃんと経営していないという見方もできます。「日本はすごい」で終わらせてはいけないと思います。
面白いですね。

プロ野球日本シリーズやJリーグチャンピオンシップなどでこんな動きが出てくると、日本のスポーツももっと盛り上がりそうです。
アメリカ最高峰のスーパーボウルは桁外れで凄すぎる! 日本の某球団の社長が視察に行くとのことだから、いろいろなアイディアを持ち帰ってきてほしい。
スーパーボール、今年は50回目の記念大会。去年のペイトリオッツの逆転劇からもう1年かと思うと、早いですね。SXSWしかりですが、アメリカは、こうしたイベントをお祭りにして、また最先端のテクノロジーの祭典にするのがすごくうまいなぁ、と毎度感心してしまいます。
このスーパーボウルを起点に、2020オリンピックに向けてスポーツの革新が起こるのでしょうか。4年後には世界初のICT五輪になることを期待したい。

でもこの記事は文字だけなので非常に想像しづらい。Youtubeでざっくりイメージできました。
https://youtu.be/4O9SBfnWDxo
https://youtu.be/_5FXH3HRMII
今回のスーパーボウルは50回の記念大会。国歌斉唱はレディ・ガガ。ハーフタイムショーはコールドプレイ。月曜日が楽しみで仕方ない。どうにかして見たい。2月上旬の月曜(アメリカは第1週の日曜日)一年の中でも待ちに待っている楽しみな日。もう20年以上見てきていますが本当に変わってきたと思います。
いやーこれはめちゃめちゃワクワクするし、いってみたい!
こういった形でスポーツをショーケースにして、各社に技術を結集するという取り組みは未来を感じるね。
スポンサーアクティベーションの事例として、日本のスポーツビジネス関係者で共有したい情報が多く挙げられています。
スポーツビジネスの先進国米国の事例は学ぶべき所が多いと思います。