新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

310Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
岡本太郎、大好きですね。めちゃめちゃ破天荒なことを仰っているように聞こえるのだけど、考え方にとてつもない生命力やみずみずしさを感じます。生きるってのはこういうことなのかな〜と考えてしまいます。
ご存命であれば、お会いしてみたかった。
なんか引き込まれる文章でした。「気合を入れず淡々とやったほうがいい」はその通りだと思います。日本の書店に並ぶ自己啓発本の多さは異常です。現状打破したい気持ちはあるけど、その行動を取りたくない人が、進んでいる気になるための本だと思っています。
岡本太郎さんの本は面白そうですね。人それぞれ読書には自分の成長、歴史がありますよね。自己啓発系は私も学生時代によく読みましたが、早々に何冊読んでも書いてあることは同じ、読み過ぎても意味がないことに気付きました。読んで実行して、いかに自分のものにするか、これが自己啓発系の本では重要。
このフォーマット凄い。別の題材を使って、自分の考え方を伝えるという意味では、楠木さんのキャリア相談に通づるものを感じました。
『ウォール街のランダム・ウォーカー』は私も証券会社に入社した年に初めて読んだ記憶があります。これは有名すぎるくらい有名ですが、『ヘッジホッグ』のほうがエピソード集になっているので、堅苦しくなくて面白いですね。
同世代なのでとくに取り上げられている漫画やアニメはすべて読んだり観たことがあって懐かしいです。
しかし、ここでジョジョが紹介されるとは…。
女性で読んでいる人を見たことがないので少々驚きました。
ズッコケ三人組懐かしいですね。

岡本太郎さんのは読みたくなりました。
幅広いですね。なんか本の読み方まで男前な女性だワン。
仲さんの第六セクターを読んでその世界観の源泉はどこにあるのかな?と思っていましたが、この記事で明確になりました笑 インプットも多い方なので漫画も結構読んでいるのかなと思ってましたが意外にも読まれていないというのは印象的でした。
自分も自己啓発書にハマる時期がありましたら、いまでは全く読まなくなりました。すごく良いインタビューで、自分の意思決定が、本からどのような影響を受けているかも一度整理してみたくなってきました。
仲さんが推薦する「ヘルタースケルター」は沢尻エリカ主演の映画もインパクトがあった。映像も綺麗(好き嫌いが別れると思いますが)。
この連載について
現在、第一線で活躍する若手経営者たち。彼らはこれまでの人生でどのような書籍を読み、それをどう仕事に生かしてきたのか。本連載では、個性豊かな10人の経営者が登場。古典から最新ビジネス書、文学から理工書まで、幅広いジャンルの「座右の書」を紹介するとともに、その本にまつわるエピソードや、私流の「本の読み方」を披露する。