新着Pick
1511Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつもながら拙い解説ながら、ご参考にしていただけると幸いです。
今回の決定は必ずしも素晴らしい政策とは言い難いのですが、こうした政策を通じて金融のリテラシーも上がっていくような効果もあると思います。
現職の銀行マンは言いにくいだろうが、一口座あたりの管理コストは非常に高く、銀行側からしたら、殆どの「お客様」は赤字です。「銀行口座」の効能を、冷静に考えるきっかけになればよいと思う。
「現在貸出が伸びないのは供給サイドに原因があるわけではなく、需要サイドに問題があるのです」という指摘に尽きるように思います。なんだか銀行に対して「晴れの日に傘を貸せ」と言っているよう。
どれだけ金利が低かろうと需要がなけれは借りないものは借りないし、需要があればどれだけ高かろうと喜んで借りるでしょう。
本件は日銀の金利政策ですが、政治の側はより長期スパンで国家百年の計を講じるべきだと思いますし、我々も目先の景気の浮沈よりも30年経った時にその時々の政策が後世においてどんな意味を持つのかという視点から評価する視点を持ちたいものだと思います。
野崎さんの解説はいつも大変分かりやすいです。

本論と関係ありませんがこちら無料記事なんですね。対談記事よりずっとクオリティが高い
個人的には、預金口座管理手数料の導入に踏み込むとインパクト大だと思う。デフレ時代に、シニア世代がタダで預金においておけば、実質儲かる状態を日本全体で提供している。置いておけば、それだけ目減りするという状態にすると、資金を動かす理由になる。

ただし、モノやサービスを買うかは話は別だが。
野崎さんの記事が読めたら、と思ってたらこのタイミング。本当にありがとうございます!民間の利率をマイナスにしたり講座手数料を取るのは、記事にあるように政治的に難しいだろう。あとで記事探すが、先日も年代別の金融資産残高の記事があった。影響を受けるのは票田の高齢者。
もうちょっと深く考えないとだが、今回のは3つに分かれてること含め、まずはサプライズを狙い、また今後も躊躇なく引き下げるとこのタイミングで下げた上で発言することで、抑止力というか期待に働きかけてる。資金循環面では、もちろん貸し出しに回してほしいだろうが、そこは需要サイドの話もあり、そんなに簡単じゃないことは分かってるはず。あとは寝かすよりはという点で、国債の買い手を増やす?あとでもう少し整理して考えないと…
このタイミングで大変助かります。需要サイドの問題だから、金利下げても意味薄い、てのは分かりやすいです。ただ本当に設備投資需要は伸びないのだろうか
「一方で、中小企業などはデフレ長期化により、設備投資などの投資マインドが冷え込み、本来であれば更新投資を行うべきところが、これを見送り、耐久期間を大幅に超えた設備で稼働を続けているところも少なくありません。」

↑設備投資を見送ってた=設備投資への潜在需要は大きい、ということでは?加えてインフレ期待下ならば、金利の低下は需要刺激材料としてワークすると思う
【追記】金融政策の有効性の是非については、リチャード・クー氏の「デフレとバランスシート不況の経済学」が参考になる。BSが大きく毀損した状態だと、低金利でも企業はBS回復(債務返済)に重点を置くので設備投資は増えない、という野崎さんに似た論理
銀行が預金維持手数料を導入するとタンス預金する人が少し増えて、マネーサプライは逆に減少してしまうのではないか。10年債の利回りをマイナス圏まで押し込んだら、次は財政ファイナンスで国民全員にお金を配るしかない。銀行口座に突然1億円振り込まれて、資金の国外移動禁止、年内に使わないと取り返す、と言われたら使うでしょ。それでインフレにならないとは思えんのだが。

ちなみに野崎さん良記事です。プロピッカーの中で一番参考になってます
この内容、さすが野崎さんの解説記事!
政府のジレンマ、そして銀行側のジレンマが非常にわかりやすく解説されている。
個人的には3月決算企業が多い中で、なぜこのタイミングでマイナス金利という劇薬に手を出したのか(案の定、マーケットは大混乱)がしっくり来ていなかったが、手詰まりを打破するための苦肉の策というところだろうか。
アベノミクスの本気を伝えるという意味では、確かに伝わった。

金融関係者にとってはすごく頭を抱える政策。
短期的に預金者に対してスタンスを変えるということはないとは思うが、融資に対する姿勢は変わるだろう。
そもそも国内での資金需要がない中で(お金をほしがっている業界もあるが、不良債権化は避けなきゃいけない)、これを機にメガバンクの採算水準が一段と引き下げられると、地銀がメインとなっていたような地元の優良先の融資シェア拡大等による国内の競争激化や、海外への進出が一段と進むのか。
地銀もメガバンクと同じように、さらなる海外へ目を向けることになるのかもしれない。
小難しく書いているが、私が昨日別記事に書いた簡素なコメント以上のことは何も仰っていませんね。

以下別記事コメント再掲

資金供給側をどれだけ緩和しても、消費がマイナスという状況即ち資金需要がない状況で、一体どのような効果があるのだろう?

優先すべきは需要喚起策ではないのだろうか?

実質消費支出、12月は前年比4.4%減 4カ月連続マイナス
https://newspicks.com/news/1369019/?dl=false