バナバナバナ2

リーダーに必要な度量とは

【高橋みなみ】失敗を許す力―AKB48の危機を乗り越えて見えたもの

2016/1/15
AKB48の総監督として活躍し、今年4月での卒業を発表した高橋みなみ。総勢300人を超えるグループをまとめあげたリーダーシップは、ファンだけでなく、各方面から注目を集めている。そんな高橋が、活動10年目の節目に出版した『リーダー論』。もともとはリーダータイプではなく、「私は劣等生」「凡人なりにもがき続けた」と語る高橋が、苦悩の末に導き出したその答えとは。2日連続全2回。
前編:リーダーの最後の仕事は、任せること

チームの雰囲気はつくれる

──本書では、「失敗を許す力」についても触れられています。昔、失敗した人に対して「あなたのせいで私の人生が狂わされてしまう」と声を荒げたというエピソードは印象的です。

失敗をすることは、誰にでもあることです。私もいろんな失敗を見て、自分も失敗をしました。そこで、周囲から支えてもらううちに、少しずつ許すことができるようになりました。おかげで、リーダーとしても強くなれた気がします。

リーダーが失敗を許せないことで、チームからこぼれてしまう人もいます。だから、上に立つ人は、それをすくう度量を持たなきゃいけないんだと思います。

──AKB48は、グループとしてピンチを経験したこともあると思います。リーダーとして、危機的状況においては、どうやってまとめているのでしょうか。