新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デジカメも1億を超えダメに。銀塩の頃は4千万台で周期も長い。<蛇足>
例えば家電でも白物は、ましなのは、12年サイクルで、より信頼性が重要なのと、ローカル性が強い(地域で温度や風土が違い規制も異なる)から。カシオが電卓時計辞書で強いのは1億台もなく、サイクルが長い(学生なら数年使う)。カシオがスマホで負けたのはサイクル。製品品質の話や現場委譲はメーカー側は十分認識。品質はもはやアジアが上。

<追加>
決断が早い方がいいわけではなく、10年20年の重電であれば、じっくり決断。しかし、2年サイクルのスマホや、スマホ向けの液晶であれば、3か月の決断遅れが致命的。また、モノづくりでも、1億台と、数万台で違う。数十万台くらいならセル生産。1億台ならプラント的自動生産。数台ならまた違う。
また、会社で事業計画を作る際、1-2割増は通り安いが10倍、100倍は却下されるのが日本。このあたりの決断・評価システムが経営重心を決める。

http://www.circle-cross.com/経営重心-について-1/

<元>
30年考えましたが、経営重心からの説明が一番しっくりします。
1億台をこえ、サイクルが3年を切ると、どんな分野でもまけます。この領域は、金と度胸が大事。これは、台数では、日本国内の人口や金融の弱さ、サイクルでは規制や決断の遅さ。

この領域になると、垂直統合から水平分業になり、韓国や台湾が強くなる。

pcでも、TV、ケータイでも数千万台の市場で、サイクルが5年くらいの時は強かった。FA、ロボ、プリンタ、コピー、電卓など日本がまだ強いのは、1億台以下、サイクルも3年より長い。


このボリュームとサイクルが変われば、製品の設計思想もものづくりも、ちがってくる。液晶TVは、名はTVだが、中身はPCやスマホと同じ。なのに、日本の家電メーカーは、ブラウン管時代の経営の成功体験でやろうとしたことが敗因。

いろいろな学者、アナリスト、マスコミが分析しているが、予測検証性がない。この経営重心は、予測可能性がある。2009年に「日本の電機産業に未来はあるのか」2011年に「日本の電機産業はどうやって蘇るか」を刊行し、2012年にMOT学会で発表、昨年「経営重心」を刊行したが、その通りに。
この記事では、ではなぜ、FAやプリンタ、時計、電卓での、日本の健闘が説明つかない。
基本本文読まないpickはしないのですが、若林プロのコメントがすご過ぎるのでコメント。曰く、世界で一億台を越えて、サイクルが3年を切ると日本は必ず負けるとのこと。言葉に注意する必要があるが、正確には「日本な電機大手に一般的な大企業的な意思決定」だと負ける、ということですね。
大企業は意思決定のスピードで負ける。一方で規模、経験の蓄積で勝てる分野(いわゆるすり合わせ)では強みを発揮する。したがってGEのように徹底的に時計が長くすり合わせ領域にフォーカスするか、さもなくば組織を細かく分割し大胆に権限委譲し、意思決定のスピードをあげるかの二択しかないということなんでしょう
バルミューダの取り組みとか悪くないのにパワープレーができないのがダメなんだよね。すぐに中国企業にパクられてパワープレーやられてしまう。資金を集めてパワープレーすることをガシガシやらないと
若林さんのコメントに載せると、その中で日本の電機企業の中で東芝は異色だった。ノートPCで世界的にも知られたり(2000年代後半は不正会計がかなりあったのが昨今分かることだが…)、半導体でも唯一生き残った企業とも言える。重電とそれ以外というサイクルが違う事業を一定コントロール唯一の企業。
昔はなぜ強かったのか?上長を無視して、勝手に進める人がいて、経営に余裕もあったからそれを吸収できたからとも言えると思う。「科学的管理」は重要だが、稼げるところで徹底的に稼ぐためであって、未知数のところに一定割り当てて放置することも必要だと思う。
いくつかの原因が挙げられていますが、垂直統合型を水平分業型に変えていくことが根本的な対処法だと考えます。
アップル製品のような高付加価値製品でさえ水平分業型で作っている時代。
コモディティーを垂直統合で作っていたのでは、まったく勝負になりません。
「日本企業の内的要因としては、前述のような外部環境の変化に対して、企業体質や経営スタイルがいまだに「ビフォー・インターネット」のまま、というところが多く、変化に先行することも、すばやく追随して新たな勝ちパターンを生み出すこともできていない。」との指摘その通りですね。

現場への権限以上について言えば、現場がもう国内市場ではないのだということも重要かと。

また、「スマホやSNSの浸透で消費行動が様変わりした」ことも原因に挙げられていますが、これはもっと大きく、ステークホルダーによる評価が会社の価値を変えているということではないでしょうか。

このことは本当にまだまだ理解されていません。ルールが完全に変わったのに、です。技術論だけで競争力を議論できる時代は終わったということに早く気がついて欲しいですね。
正直、もう手遅れだと思います。政府も電機は諦めて、自動車産業の競争力維持にリソースを集中してほしい。
的確な分析だと思います。家電メーカーが生き残るにはですが。

しかしソニーはそれほど駄目ですか?

私はソニーは駄目になってると思いません。
金融も、コンテンツも、ゲームも非常にうまくいってますよね。
ネットもうまく行ってる方だと思います。

うまくいってないのは家電だけですよね。
出井さんがCEOの頃にやった施策はかなりうまくいったのではないでしょうか。
もちろん旧来のSONYの強みであったエレクトロニクスは落ち込みました。
しかし、今となってはあれはSONY一社の問題と言うよりは
家電業界全体の問題です。

業界全体が大幅に変革しなければならない時に旧来のエレクトロニクスの栄光にこだわったことが問題だっただけではないでしょうか。

ダイソンや他国の家電メーカーがうまく行ってるといっても、ニッチだったり
低価格製品をうまくマーケットに合わせて投入したにしかすぎません。

家電業界全体が顧客不在の技術付加価値競争に陥ってるのですから、
SONY一社が頑張ってもなんともならなかったのでは。

正直見ていて可哀想だと思います。優秀な社員も、経営者もいるのに
エレクトロニクスを復活させなきゃ駄目!っていう足かせがあっては
復活のしようもないのでは。
若林さんのコメントになるほど、と思いました。

サイクルと台数という軸は定量的に検証しやすい。定量的な検証は、その背景の理屈が重要でもあるので、それを知るために本を買って読んでみます。
日本のお家芸「モノ作り」では新興国にはもう勝てないのはとっくにわかっているはず。新興国の組み立て業者もしくは欧米プラットフォーム企業に買収されるかがおち。だから、自分たちでどちらかに近づかねばならないのに安閑としていたツケが回ってくる。

業績