新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【8000字インタビュー】”非資源”一色に染まりつつある商社業界において、ネガティブに語られがちな、エネルギービジネスについて、わかりやすく、深く、大胆に話してもらいました。エネルギーに詳しくない方でも、新たな学びが多くあるはずです。

資源ビジネスは、知れば知るほど面白い。業界人以外に対しても、もっとその醍醐味、ダイナミズム、魅力を伝える手段があるように感じました。
商社がこれだけ「脱資源」的な文脈で語られることが多い中で、エネルギーについてこれだけ掘り下げたインタビューもかえって貴重。担当している方の見解なのでバイアスがかかるのを割り引いて考える必要はあります。今回の社長人事も生活産業グループ出身の垣内氏がついた、というのが全社の空気ではあるのでしょうから。
エネルギーについては、資源メジャーと比べれば小さいな存在、というのがついて回る問題ですね。もう一つはやはり市況は分からないし長期であること。
三菱商事で2000年代の稼ぎ頭だったオーストラリアの石炭も、さかのぼれば1960年代の投資がスタート。2001年に追加投資をしていますが、40年前に権益を抑えたからという側面があります。それがまさか2000億とかの利益がでて、社内で「オーストラリアに足を向けて寝れないよね」と言われるまでの存在になると思っていた人って当時はいないのでは、と思います。難しいですね。。。
下記、三井物産安永社長のインタビューでも「資源買い時」といった言葉があったが、三菱商事も同様に考えていることが伺える。個人的には商社の強さは、メジャーとかとの比較は厳しいが、規模が小さい資源専業と比べて、ポートフォリオの強さも含めて財務体質の強さだと思っており、資源価格が低迷しているときの買収こそ、特に商社が出来ることだと思う。
価格見通しに関して。何回もコメントしているが、今は原油価格は安すぎると思う。シェールのコスト改善は分かるが、一方で生産量全体に占める比率は小さい。もちろん需給の世界で数%というのが大きい影響を締める場合もあるが、やはりプレイヤー全体が一定儲かるのが事業が持続するために必要。需要サイドは、価格が下落すればある程度上がる。一方でエネルギー系資源は、価格が上がっても需要も下がらなかったはず。それはガソリンスタンドや電気など価格転嫁が一定しっかり整備されて、おまけに生活必需品であり、世界レベルでは新興国の成長でエネルギー需要が伸びているから。
ただ、その需要の伸びで価格に対しての楽観論が強すぎたことは否めない、なので当分水準が100ドル超えとかにはならないと思う。ただ、インドの成長が本格化してきたときには戻ると思う。資源開発は記事からも分かるように時間がかかる。「冬の時代」で開発が止まり、そこから需要が一気に成長すると、価格が上がる。それが投資にまわされるが、産出するまでの時間軸がかかる。30年単位のサイクル論ではあるが…
にしても、本特集、インタビューに応じていただいた方だけでなく、現場実務に関わられている方のコメントも乗っかり、素晴らしい!!ありがとうございます!!
https://newspicks.com/news/1311448?ref=user_100438
資源と言っても原油もガスもシェールもある。
昔は石炭もあった。
生産性が高く、需要が増えるものは数十年単位で見れば少しずつ変化をしていく。
資源か非資源かという問い自体がおかしい。両方やるし、なんでもやるでしょう
よくここまで商事さん話してくれましたね。素晴らしいインタビューです。
これまでの資源価格は、中国需要もさることながら、ML361さんの言われるとおり、過剰流動性で高いゲタを履いていた部分が大きいのでリーマン以降の価格に戻ることはないというのには同意です。でも長い目でみるとまた盛り返すでしょうね。私が見ているのは銅とか鉄鉱石がメインですが、アルゼンチンが今、矢継ぎ早に経済開放策を打ち出している中で埋蔵量が大きいアルゼンチンのシェールも今後気になる。
エネルギー産業は設備投資に長い時間がかかる一方、価格は市場取引物として乱高下するので大変。
資源、食料は有限で、人口は2050年には100億人近くになる中で、三菱や三井が長期的に成長しない可能性は少ない。

短期のボラやアービトラージを狙う利益より、中長期な成長を狙った事業をやってほしい。
門外漢なので、シェールに関する話がとても勉強になりました。また、↓ のなぜを説明する必要性は他業界、他社でも当てはまることなのだろうな…と感じました。

「…、エネルギーの各論になると、「なぜ三菱商事がガスを売っているの?」という話になってしまいます。ですので、三菱商事は、1960年代からLNGビジネスに携わっていて、単なる売り買いではなく、上流にまで入って、船の手配や、ファイナンスまでやってきた、ということをプロモーションしている最中です。」
「日本人が世界を駆けずり回って認知してもらって、いろんな競争者がいる中で「三菱商事から買う」とはなかなか言ってもらえないのです。」
シェールの受給調整の容易さに関する箇所が勉強になりました。
グローバルな相対的バイイングパワーについて問題意識があるという点が興味をひきました。
この連載について
今、商社業界は大きな岐路を迎えている。手数料ビジネスで稼いだバブル崩壊前の時代(商社1.0)から、2000年代以降、資源を中心とした投資ビジネスへと比重をシフト、純益規模は一気に膨れ上がった(商社2.0)。しかし、その後、資源価格の下落が続き、各社とも減損を計上。商社各社は、商社3.0ともいうべき新たなビジネスモデル創出へ向け、もがいている。商社3.0の時代の商社のビジネスモデルとは何か。資源の時代は本当に終わったのか。新たなモデルを模索する大手商社の2020年に向けた戦略を探る。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4.68 兆円

業績

三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.46 兆円

業績