バナー候補用

N高は、教育に何をもたらすのか

【川上量生】世の中を変えるためには、100の奇跡が必要だ

2015/12/11
 2016年4月を目指して、インターネットを利用した通信制高校「N高等学校」を開校すると発表して、大きな注目を集めたカドカワ。

そうしたなかで12月10日、N高の在学生向けに2つのダブルスクールを用意することが明らかになった。

一つは、東大進学希望者のみを対象とした全寮制個別指導塾「N塾」。塾長は、「坪田塾」の運営者として、また『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で知られる坪田信貴氏だ。

そして、もう一つがIT人材を養成する専門スクール「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」。現役プログラマの講師が直接指導をすることで、初心者を1年間で即戦力のプログラマに養成する。

N高の設立を発表した当初から「東大生を出す」と明言し、またかねてからプログラミングの重要性を説いてきた、カドカワ代表の川上量生。

今回、川上にダブルスクールを開設した意図とともに、N高をどのように導こうとしているのか、さらに事業を成功させるためには何が必要だと考えているのか、その独自の哲学を聞いた。

東大を目指してはいけないのか

──初めに、N高校生向けに東大進学希望者のみの全寮制個別指導塾「N塾」を設立することになった経緯について聞かせてください。

川上:まず、N高は普通科の高校に行けない人のための高校ではなく、これからのネット時代のすべての高校生にとっての有力な選択肢の一つなんだということを世の中に示す必要があると考えています。そのためには、通信制高校は高校卒業資格を取るだけの高校だという、今までの固定観念を打ち破る必要があります。

要するに、N高に入学すれば、就職も大学進学もできるんだということです。でも、それを「目指します」と口で言っても、納得しない人も多い。

たとえば、NewsPicksやネット上でも、「じゃあ、N高を褒める人は自分の子どもをN高に行かせられるのか」と批判的なコメントをする人もいました。僕は、せっかくの挑戦に水を差すようなコメントにはすごく腹が立つわけです。