新着Pick
235Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分も坂本さんと同じで、優良企業の印象は昔から強かったので、SPEEDAの業績グラフ機能でざっくり見てみた。利益率は景況感の波は受けているが、金融危機前と同程度、ただ売上がしっかり伸びている。一方でROEは下がっていて、自己資本比率が昔が30~35%だったがの、現在は40%程度まであがっているため。FCFはプラスマイナスを行き来してて、多分炭素繊維系の投資や買収が大きい年は投資が膨らみがちだったと思われる。それを考えると今後の投資余力という観点で自己資本を大きくしておくことは一定必要に見える、今後自動車もやっていきたい領域だろうし。
純利益率が今3+%という水準なので、それが5%超の水準になってくると、もっと再投資や株主分配につながるのだが…日本企業全般の課題として利益率が低いというのはあるので、ここはもっと期待したい(といってもそれが「期待したい」と軽々しく言えるほど簡単なものではないことも承知はしているのだが…)。
CFRPで世界トップ。これはでかい。利益率も良い
東レは僕の認識では結構前からずっと優良企業ってイメージ。
いや、全然ダメ会社でしょう。東レを買いたいと思ったことが未だかつてありません。利益率があまり高くない上に、投下資本の負担が重いビジネスが多い。こんな投下資本利益率の低い会社が生き残れているのが不思議でならない。CFRPで強くたって、利益出なきゃ意味ない。
【経済】東レが優良企業なんてことは素材業界にいれば10年以上前から知っていることだから、特に驚きはしない。航空機用との炭素繊維については、ボーイング以外にも販路を拡大するのか否かという点に関心がある。特にMRJのような中距離小型機などへの炭素繊維搭載が主流になることはないのだろうか?また、電気自動車が普及することによって、「高熱を発さない自動車」が一般化することになれば、自動車の車体や部品に炭素繊維を用いることも考えられそう。
東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社、東京都中央区日本橋室町に東京本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。 ウィキペディア
時価総額
1.25 兆円

業績