新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもテレビに「覇権を握る」ほどのポテンシャルがあるのかどうか疑問になってきた。
テレビの前に座っている時間は長くても数時間。スマホへの接触時間は10時間以上。テレビはどこまでいっても、「見るための時間を作らなければいけない」メディアである点で、ユーザーの粘着紙が弱く、よしんば覇権を握ったとしても、それ以上の展開可能性が大きいとは言えない。唯一の例外はゲーム機だが、ゲームユーザー人口はテレビ人口よりはるかに少ないので、これも難しい。
一方で日米問わず40代以上の経営者にテレビに注目している人がまだ多い。
テレビを狙いに行くのは自らがテレビで育ったレガシー経営者だけかもしれない。
正確にはリビングルームにおけるネット主導権の争いだと思う。スマホがメイン画面でTVがサブになってきているが、TVという象徴を通して月額動画課金の戦いであり、その月額に様々なIoTなどのホームサービスが付帯してくる 昔でいうホームサーバーの戦い。

この月額の戦いは日本ではY!プレミアム、auスマートパスなどキャリアに一日の長があり
Chromecastのコストが3000円を切っていることを考えると、いずれキャリアがタダ配りをしてくるのではないかと尾原は予想しています。

そういう観点でGoogle, Amazon, Apple三社に差がつきにくいのは、
これは端末性能の競争ではなく、Webサービスの戦いであり、
現状は動画 > ゲームが差別化なので コンテンツ獲得勝負だから
差がつきにくい となると 日本においては販売力勝負になるので
キャリアが圧倒的に強い。追いつけるとなると日本だと後数社ですね
いわゆるHDMIポートの争い。
もちろんコンテンツは動画メインになって、きっと目の先はそれらの争いが焦点でしょうが、もう一点、実は今回の新型の商品群でできた明確な競争。

それが、アプリ作成ができ、配信ができるようになった事。3rd Partyが参入できる環境、と次のステージに進みました。

現在の所感ではGoogleの環境が1番開発しやすいですが、これらの覇権についても取り上げると面白いかと。

ちなみに私は全て持っていますが、やっぱりAppleTVを使ってしまいます。。操作がしやすい、新型は。
発売が発表され、FireTVスティックが安くなっていた時に、つい衝動買いしてしまいました。それまではchromecastを使ってましたが、正直ほとんど体験的には変わってないです。リモコンもほぼ使わないですし。
まぁ、プライムビデオのコンテンツをほとんど見ていないので(YouTubeの利用がほとんど)、そっちで使い出したらまた違うのかもしれませんが、リモコンの十字キーでチマチマ選択するよりは、見たいコンテンツをスマホで選んで…という形になりそうなので、やっぱりchromecastのときと変わらなそうです。つまり、三社ともあまり大きな差はなくて、価格で決まっちゃうんじゃないかなぁという感想です。低価格競争になったら、消費者としては嬉しいですけどね。
chromeキャストの発売を初めて見た時、かなりの衝撃を受けた。驚いたのは10000円をはるかに切る6000円程度という価格。
競合が出てこないと、テレビののUSBはGoogleに占拠されると真面目に考えたけど、これだけ競合が出てくるのなら市場規模のポテンシャルは大きくなる。
アマゾン 、アップル、グーグル全て使って見たけど、一長一短でまだ3社に大きな差はない状況です。ここからハードによる差別化は難しいので最後はコンテンツが勝負を決める気がしています。その観点で、一番ポテンシャルを感じるのはやはりアマゾン。
スマートフォンもテレビもリスクを取ってサービスモデルを作った海外の会社に取られてしまう。
シンガポールでは、アップルTV+ネットフリックスを利用していますが、現時点でもっと良いサービスがあるのだろうか。詳しい人に教えてもらいたい。
夏野さんがおっしゃる通りだと思う。テレビが提供してるコンテンツに、もはや、そんなに強い吸引力はない。第一子出産時、痛いのをまぎらわすためにつけたテレビがあまりにつまらなくて役に立たず。第二子の時はDVDプレイヤーを持ち込んで、こっちのほうが効いた…引き込まれるコンテンツは、もはやネットのほうが多い印象
最近はChromecastでNetflixを視てる。HDMIは一個しかないので、他のデバイスは使えない、という問題があるね。テレビを4Kに変えたとしてもリモコンにNetflixボタンがついてるなら、視ちゃうんじゃない?
この連載について
1995年、書籍のeコマースからスタートしたアマゾン・ドット・コムは、20年の時を経て、売上高10兆円を超える巨大企業へと成長した。eコマースは、衣服、家電、食料品、医薬品、コンテンツなどあらゆる領域に広がり、クラウド、広告、ドローン、ロボット、動画制作などの分野でも存在を拡大している。アマゾンは、日本でもあらゆる業界を席巻していくのか。各分野の日本のトッププレーヤーたちはアマゾンに勝てるのか。業界別に競争の行方を占う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
170 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
221 兆円

業績