新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマホネイティヴの子供達がどんどん大人になってくる時に既存のエンターテイメントコンテンツは急速に萎んでいくはずです。そんな第二世代のエンターテイメントコンテンツは少しずつ花開きつつあるのです。
第2世代のコンテンツ作り。具体的に定義はしていないものの、いくつかのキーワードが出されている
・これまでにとらわれない尺の取り方(長尺のCM、おそらく短尺のドラマとかも?)
・インタラクティブ
・筋書きがない
・マルチエンディング
この要素を見ると、ゲーム実況が一つのコンテンツになるのは良くわかります。
カロリーメートのCMですが、数日前に朝のワイドショーで取り上げられてました。6000枚以上の黒板を30人以上で作ったことなど、数分にわたって。これって記事にもある通り、コストの使い方が大きく変わるということなんでしょう。これまではCM枠をすごい値段で買って、残ったお金で制作だったのが、すべてを制作につぎ込んで良いものができれば勝手にネットでシェアされ、話題になればそれがTVメディアにも逆流するという流れがでてきてるんでしょうね
カロリーメイトの黒板動画には私も唸りました。今後は、あらゆる意味でのモバイル最適化に成功できるかどうかが、勝負を決めますね。
教育ではインタラクティブなものが増える。「児童生徒が寝ない授業」それがアクティブラーニング。先生の役割も「教える人」から「教室をマネージする人、コーディネートする人」に変化していく。
ベゾフは、工業化社会でのヒエラルキーモデルで、自分のイメージを早く効率的に実現するやり方でここまで来た。だから、ある意味、頭がベゾフの頭1つしかない。

だけど、第二世代コンテンツを考えると、コンテンツ作りがインテラクティブになる。となると、インテラクトしあう人々の輪をどんどん大きくし、いいものを引き出す場作りが大事。この経営は、アマゾンのベゾフが言う「黙って仕事をしろ」モデルに集まるのとは、根本的に違うのだろう。

ここまで書いて、「あっ、そうか。この記事は、アマゾンの次のモデルは、Newspicksのビジネスモデルだと思わせる仕掛けなんだ」と思い至り、ここで筆をおくことに致します。。。
この記事を読んで思ったのは、第2世代のコンテンツ創りにはハイコンテクストな日本は向いていて、でもその中で磨き上げたたものはあまり海外では受けない。Lineにしてもそう。

10-20年後は分かりませんが、英語圏では未だブロックバスターのように型にはまった作品が最も受けます。その意味ではNewsPicksも徹底して、ニコ動みたいに日本語での世界観を確立することを目指すのがいいかも。
インタラクティブな動画の一つのキーは触覚だと思うんですよね。ゲームはインタラクティブにコントローラが揺れることで、臨場感を増しています。幸いなことに、スマホという振動タイミングを制御できるデバイスはみんな持っているので、あとは使い方次第じゃないかなぁと。
大学の研究だと、コンテンツまで作り込めないので、こういうのってなかなか手が出せない。どうやってこういうアイディアを協業すればいいんですかね?
アニメ「TIGER & BUNNY」は、ある意味長編CMだった。ハリウッドでの映画化も決まったとのことで、マスへのシェアにも成功している。カロリーメイトやトヨタTNGAなど、最近は製作者と目線をあわせるような作品が増えてきたと感じます。
インタラクティブに進行してマルチエンディング、というのはネットのコンテンツであればコスト的にも技術的にも可能。あらかじめソフトの中に入れておかなくてもいいから。
Amazonがスマホオリエンテッドな世界に適合できていない、というのはどうかな。何でもかんでも合わせなきゃいけないとは思わないし、今や紙で読むよりKindleで読む方が早くなった。
この流れだとGoogleも自分たちがコンテンツ創る立場になってくるのでしょうか?
Googleはプラットフォームを提供する立場ですが、自分たちでコンテンツをつくりはじめたら面白いものが生まれそうです。
この連載について
1995年、書籍のeコマースからスタートしたアマゾン・ドット・コムは、20年の時を経て、売上高10兆円を超える巨大企業へと成長した。eコマースは、衣服、家電、食料品、医薬品、コンテンツなどあらゆる領域に広がり、クラウド、広告、ドローン、ロボット、動画制作などの分野でも存在を拡大している。アマゾンは、日本でもあらゆる業界を席巻していくのか。各分野の日本のトッププレーヤーたちはアマゾンに勝てるのか。業界別に競争の行方を占う。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
94.8 兆円

業績