新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それまで仲の良かった兄弟が、相続をきっかけに口もきかなくなるという悲しい話を時々耳にします。そんなことにならないように、親が元気なうちにいろいろ話し合っておきたいものです。不動産が分散しないようにどう守るか。家族信託という方法をちゃんと学んでおきたいと思います。
家族信託は、自分の財産の行く末を自ら決定できるので、今後利用者が増えそうですね。ただ、受託者の指定や受託者の監理をどうするかなど、契約時に揉めることも想定されますので、財産が多い場合は、公平な第三者を利用する民事信託の普及を考えたほうが良いかも知れませんね。
いずれにしても、不動産の共有名義などは極力避けるべきなので、メリットの多い信託制度は普及拡大を進めるべきです。
一見わかり易そうに見えますが、これではさっぱり分からないのでは?ケーキの例が何の具体的な説明にもなっていないかと。盛り込み過ぎ、はしょりすぎなので、ちゃんと複数回で、具体的な事例とともに解説した方がいいと思いました。
家族信託って、確かに受託者と受益者を分けるのはよいアイデア。でも、みんなまだ使ってない気がする。単純に、プロモーション不足なのか?

信託銀行とかではなく、個人・中小企業が信託制度を使えるようになったようだが、誰が受託者になるかが難しいのかな?信頼できる人が周囲にいない人が多いとか。司法書士に頼むのかな?
大相続時代がやってくるのに、意外に知られていない制度ですね。

実際にリサーチをかけていた方と議論したことがあるのですが、実は「遺言」とか「相続」という言葉を生前に親の前で口に出すこと自体が、親子が離れて住んでいたり、日々のコミュニケーションがなかったりする中ではなかなか難しいのが一番のハードルなんだとか。 

そういう意味では「家族信託」という言葉そのものは、比較的ニュートラルで抵抗感なく議論できる気がします。

私も早速、親と話してみよう。
争続対策だけでなく、多彩な問題の具体的対策として、信託制度は役立つ。信託目的など信託契約内容の決め方、信託報酬、受託者の能力・信用力あたりがとりあえず注意するところか。相続税対策に教育資金信託は手軽で有効。
うちに限っては大丈夫という家族間の安易な考えが、事が起こってから大変な修羅場と化します。
活用できる制度を知り、今から準備することも遅くはありません。
行政書士や司法書士の友達も最近こういったケースでの問い合わせがここ数年で特に増えてきたと言ってましたね。
認知症は徐々に進行するケースが多いので、家族は準備をその間、もちろんその前にする必要があります。このワードは初耳…、非常に参考になります。
新着記事一覧