新着Pick
114Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
【m3.com」と「NewsPicks」コラボ企画2回目】今回は増え続ける医療費にどう対応したら良いか? 医師側とNP読者のアンケート結果を比較します。NP側はジェネリック医薬品の利用促進を一番に選ぶ人が多かったのに対し、医師側は窓口での患者負担を増やすことという答えを選んだ人が最大でした。この意見の相違が示すものとは? 明日はそのジェネリック医薬品についての双方の意見の相違について、リポートします。ジェネリックを積極的に自分が「使いたい」という医師は、意外や少なかったのです。
医療費に占める薬剤費の割合は年々低下しているとはいえ2割程度。代替可能な医薬品の全てをジェネリックにしても医療費の抑制効果は一定までであり、過去の推移をみても「カット」にはならない。
また混合診療は受けられる医療の範囲の話で、今保険適用のものを適用外にはできないだろうから、大幅増は回避できるかもしれないがマイナス方向には作用しにくい。
結局は患者負担増、医療の効率化、診療機会の絞込み、在宅医療(仕組み構築が不可欠)などを合わせて行うほかないのでは。
もちろん、ジェネリックなどの取り組みも必須ですが。

ジェネリック普及率(旧基準)と薬剤費の推移
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/wg3/kenko/150511/item1-1.pdf
私はシンプルに考える。需要(患者)が増え、供給(医者)が制限され、価格が固定化されているのが問題。つまり供給を増やし、価格を自由化する。自由化とは混合診療より先の二段階価格制度。皆保険はベース部分で基本的人権を補償する部分、2階部分は付加価値医療分で自己負担分。もちろん、医療機関の経営合理化を促す必要があることには異論はない。自分が病気にかかれば、仕方がないが観念します。それまでにどれだけ健康管理し、お金を貯め、そして人生をやりきるか、ここですね、難しいですが。。。
全体的に、前提になる情報や知識の段階で共通の基盤がないせいで、議論が散り散りになってしまっている印象。
まず、これまで日本が続けてきた「低負担・中福祉」の社会保障に無理があるということを認識する必要がある。これまでがおかしかったのであって、それを普通にするためには、何かしらの「痛み」を伴う変化は避けられない。その共通認識がないと、「国民」負担にするのか「患者」負担にするのかといった議論にさえたどり着けない。

また、医療全体として見るなら現在は供給不足(需要過剰)の状況にあるのだから、医療報酬の削減や″医療側のリストラや奉仕精神″を求めるのは、逆効果だと思う。
「医者は儲かっている」という先入観だけが多くの人に共有されていて、「本当に医者は(不当に)儲かっているのか」「なぜ医者が儲かっているのか」というところまで考えられていないのではないか。


(追記:各論)
ジェネリック医薬品に関しては、医療側でも判断の前提となる知識が共有されておらず、その結果が患者側との差に現れているように感じる。料金が安くなるという分かりやすいインセンティブのある患者と違い、医療側には「分からない」という不安感が回答に出やすいはず(須魔亜斗さんのコメント参照)。

また混合診療について、「格差」の議論になるのは不適切ではないか。
「混合診療」というのは保険外診療と保険診療を組み合わせられるというだけの話(今は保険外診療と一緒に受けると保険で認められた診療も全額患者負担)。金持ちは混合診療など無くても全額負担して医療を受けているわけで、混合診療解禁はむしろそれ以外の人々の選択肢を広げると考えられる。
その前提が共有された上で、″保険診療の適用範囲が狭くなりそう″などといった懸念が議論されると良いのではないかと思う。
シンガポールで民間の医療保険に入っていると、日本の健康保険はコスト効率が悪くて、日本に戻りたくない理由の一つです。人口動態から見て維持不可能な皆保険を諦めて、民間含めて複数のプランを選べるようにするべきでは。年金改革以上に反発大きいでしょうが。
医療費カットという意味では、入院費が40パーセントくらい占めるのでは?日帰り手術も増えているので、こちらを第一に。

一方で、大病院に患者が行ってしまうのは、万が一重い病気だったらと思うから。地域開業医や個人に、どれだけ病状に関する情報を共有出来るかが、全体としての解。

開業医も自分の領域以外は、診断が難しい。なので、病状と病気のパターンを開業医に共有するとか、過去の電子カルテを地域連携で共有する。これは検討が進んでいると理解。

個人に対しても、Patients like meのような患者同士で病気に関する情報共有をすることで、ある程度判断出来る状態にする。

そして、今、サービス開発が進展している常時モニターが本当に価値あるものになれば、リモート診断も出来るし、事前診断も可能になる。

どれも検討はスタートしている。だが、進みは遅い。それは、既存プレーヤーにとっては、足元の収益に直撃だから。如何に、ショックを段階的にしつつ、トランスフォームするかが鍵。
興味深い企画(いまさらすみません)。ジェネリックについては利用促進に関する委員会に属しているので関心が高いことはうれしいが、上期に報道が多かったことがNP読者の回答に影響しているのでは。
各施策の削減効果の可能性や現医療費の費用分布の知識なく回答した結果。
とはいえ、意識比較という読み物としては興味深いです。

総論として、私もNP読者と同様、医療にビジネス原理をもう少し求めた方がよいというのは同感。最低限の医療を受ける権利を相応の負担で確保し、高福祉低負担からの脱却は社会保障費破たん回避には必須という認識に現受益者が立ってほしい。
自民党の「無駄撲滅・無駄ゼロ」や民主党の「事業仕分け(もはや死語?)」で何が難しいかと言うと、『これが無駄だ!』という統一基準を作ることができないこと。それぞれに必要性があり、そこに必ず権益が存在しているので、無駄だ!と言われた人々にとってみれば、とんでもない話になる。
本来ならば、個別項目を一つ一つ精査すればいいのだが、結局、それもこれも権益を持っている人からすれば無駄ではない、となる。

医療費カットも同じであり、個別項目をカットするかしないかの基準を作ることはおそらく不可能。よって、医療費カットには、医療費の上限を設定することで、その上限の範囲内でそれぞれ工夫していくしかないと思う。

もちろん、妙案があるに越したことはないが・・・。
ある日、急激な腹痛と発熱で会社を休んで近くの内科に行きました。すると待合室は一杯&賑やか。苦しんでいただけに和やかな会話にイラっとしながら順番を待ちました。

診断は、典型的な風邪とのこと。「今年の風邪は喉からくるからね〜。」と抗生物質を処方されました。症状は発熱と腹痛でしたが。

その後、腹痛に加えて血便が出るようになり、大学病院に。検査後、そのまま車椅子で隔離入院になりました。

という個人的トラウマから、窓口での患者負担を増やすに一票です。痛みのない人が暇だから診療所行くのは税金的にも一般の患者にもマイナスです。「今日◯◯さん来てないねえ。病気かしら」という会話、本当に待合室で聞くとは思いませんでした。

本質的な検討の前に、そういう当たり前の無駄を削っていきたいですね。
医療費カットの切り札は、各自の健康管理とメンタル管理だと思う。意識一つで変えられる。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
783 億円

業績