新着Pick
795Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
情報収集のために、貴重なGEの社史をお借りしたのですが、GEの歴史は産業史そのものだと再認識。家でエジソンについての本を読んでいたら、小学生の息子も興味をもって、エジソンの伝記を引っ張り出し、きょうだい3人で回し読みしてます。今我が家ではちょっとしたエジソンブームです。
本当に偉大な会社と思います。社長の任期は20年。短期的にはならない視野で戦略を組み立てる。社長になるのは40代として、一度社長が決まるとそこから20歳下までは社長の芽がなくなるというのも徹底されている
感心するのはGE自身が「動きの遅い大企業」であることを自覚し、スピード勝負となる領域には手を出さず、規模と経験の蓄積がKFSになる領域に絞り混んで展開してること。そして、20年後に確実に伸びているマクロトレンドがあるかか、という視点で極めて合理的にポートフォリオの取捨選択をしてること。事例としてよく引き合いには出すものの、なかなか他社が真似するのは難しいレベルまで来ているきがします
中身とは関係ないが、こういう記事をGEの広告費で作っていってるNPのセンスも素晴らしい。怪しいネイティブアドとは一線を画す素晴らしい取り組みと思います
エジソン、ウェルチがいるだけで、インフォグラフィックを作るのが楽しみだったのですが、他のCEOも魅力的でどこを削るか悩みました。築いてきたものを大切にしながらも、自ら革新していく強いマネジメント姿勢にGEの精神を感じました。
初代CEOの時代から、システマティックなマネージャー育成制度が導入されているというのはすごい。また、今は大黒柱に育っているエンジンに関して、大戦中に政府要請で製造したというのも興味深い。大企業は軍需にどうあがいても巻き込まれるが、ちょうど技術的にもプロペラ→エンジンへの転換期に見事にうまく乗れてる。
確かGEのトップは生え抜きの人間が担当するという、技術と経営が分離する欧米では珍しいタイプ。人材の重用や社会貢献を第一に考えるあたり、松下幸之助タイプのトップが多いかもしれない。

イメルトの事業戦略は「儲かっててもノンコア事業(金融、メディア)を売却してコア事業を強化(インダストリアル・インターネット、IoT化)」とすごくわかりやすくて好きだ
すごい。長期政権
完全永久保存版!!
ウェルチ、イメルト以前はあまり知らなかったけど、エジソンからの系譜がすごくわかりやすく描かれている。
成長し続けられるポートフォリオを維持するために、巨大事業であっても切り離し、成長投資に回せるのがGEのすごいところ。言うは易く行うは難しな部分をやりきれる会社は滅多にない。
ざっと見ると、この会社を会社らしくない方向に持ってったのはジャック・ウェルチで、彼の方針の多くはイメルトになってかなり方向変換されている。

でも当時のGEがらしさにこだわっていたら、今みたいに隆盛はしてなかったのだろうなあ。経営は難しい。
GEほど新しいイメージを持ち続ける伝統ある企業もないかもしれません。イメルト傘下の製造業回帰は非常に期待していますし、IoTの文脈では既にリーディングプレーヤーになりつつあります。
この連載について
トーマス・エジソンを創始者とし、照明・発電・医療から航空分野まで多様な事業を行う米国企業、GEのアカウントへようこそ。「第4次産業革命」が謳われる今、1世紀を超える事業の歴史とともに培った戦略的経営ノウハウ、技術と人材をベースに “産業の新時代“ を切り拓こうと努力しています。グローバルな視座で産業と経済の発展を考えるNewsPicks読者の方々へ、GEの自社運営オンラインマガジン「GE REPORTS JAPAN」から様々な情報をお届けします。