新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イトーヨーカドーの40店舗閉店のニュースもそうですが、確かに大型スーパーの閉店ラッシュが続いている。原因はSCや専門店の台頭というのがある。今は、GMSの閉店・閉鎖だが、あと数年もすればSCの閉店ラッシュがやってくると思う。すでに飽和状態にもかかわらずまだ増え続けている。百貨店もインバウンド効果で好調ですが、立地の良さがあるので閉店はしないが、中身は専門店の集合体になっている。自社編集売り場はほとんどなく、ディベロッパー事業になっている。立地のいい百貨店と専門店がインバウンド効果で生き残り、日本人相手の商売の郊外のSCが衰退していく構図になっていくのではないでしょうか。
スーパーは歴史的使命を終え、今後は食品専門への特化、ネットを活用した新たなビジネスモデルを模索することとなろう。↓

「セブン&アイ・ホールディングスは18日、傘下のイトーヨーカ堂の約2割に当たる40店程度を2020年2月までに閉鎖する方針を固めた。ユニーグループ・ホールディングスも最大約50店を閉鎖する方針。」
総合型→専門化はどの業種でも起こることです。顧客の購買体験レベルアップが高まるので。ただ、人口数が減っていく小商圏では総合型が他を包み込み勝つ事も多々ですが。
遅すぎたくらいですけどね
専門店街とバッティングする衣料品部門はいらない。内訳見ても足引っ張ってるし、商品力もない。テナントにGU入ってたら価格においても優位でない。
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.78 兆円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
7.37 兆円

業績

株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう、英称:Ito-Yokado Co., Ltd.)は、関東地方を中心に20都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。 ウィキペディア