新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メディアとコマースが コンテンツとコマースが溶け合う時代について
熱い方々と濃密に話しました。仮説・ヒントがちりばめられていると思うのでどこが面白いと思われたか コメントいただけたら嬉しいです。
尾原節炸裂で大変面白いが、「コンテクスト」というもともと分かりにくい言葉が色々な意味で使われているので内容をつかみにくいようには感じる。
一つは、「ネットでの購買がコト化している」ということは確かな流れと感じる。それの一つがメディアとの融合なんでしょう。昨年通販会社のEC推進プロジェクトでも、同じ商品のアマゾンページと楽天ページを比較して議論しました。
アナ雪、ベイマックスの話も、同じストーリーに共感できるポイントをいっぱい埋めこみ、地域にあわせて強調ポイントを変えるという話は大変面白いが、マーケティングって昔からそういうモノかなあ、という気もしなくもない。それを企画段階から組み込んできていることは一つのイノベーションなんでしょうが。
いずれにしろ色々な意味での「体験価値」がキーワードなんでしょうね
体験は今非常に大きな視点です。郊外も「体験型」の食品メーカーの工場などが好調。地代も下がっていくので、逆にチャンスになっています。
まあお祭りなんよね
「チョコレートバー食ってるつもりが、スピナッチ食ってるという状況に持ってくのがプロの仕事だ」
「メディアで買ってコマースを読む時代」
とても面白い。コマースとメディアの境目を考えるとほとんどなくなりつつあるし、ジャンルにこだわることなく、どういう仕掛けを作っていくかを真剣に考えていかにといけない。
中身はかなり多岐にわたる話だった。
多分ポイントは、モテマーケットよりも非モテマーケットのほうが増えたからだな。
「ココらへんのにおい」、空気を感じられてるかどうかで、「施策・打ち手」が変わってくるスキルの分岐点、のかなぁ。
消費単価が高いから
これは面白いなー

業績

株式会社日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ、英称:Nikkei Inc.)は、日本の新聞社である。日本経済新聞などの新聞発行の他、デジタル媒体の運営、出版、放送、文化事業や賞の主催・表彰等も行っている。 ウィキペディア