新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地銀も自治体も生き残りのためにくっついていく時代なんだね。

ちなみに最近は、縁もゆかりも無い四国や九州の銀行でもDMMに融資の申込みをしてくれるのに、地元の北陸、北国銀行にはいまだに拒否られていることを、この場を借りてグチっておこう!
ふくおかフィナンシャルグループができるまで、最大の第一地銀だった横浜銀行と第二地銀の東日本銀行の経営統合。
2行の経営統合に関する第一報が出たのは、2014年11月4日※だったが、約10か月かけて最終合意に達した。
https://newspicks.com/news/683954
金融庁の意向もあり、地銀再編が少しずつではあるが進んでいる。
持株会社の下で銀行を並べる体制は、戦略融合の進捗を見ながら銀行合併まで持っていく可能性はあるでしょう。反対意見もありますでしょうが、経営効率はその方が高いですから。
横浜が東日本のローエンド貸出先までリーチする営業スタイルを自行フランチャイズまで活用できれば、この統合は成功します。
背景や狙い、その他の地銀の動向は、一年前の記事が参考になる。
itproの記事を見る限り、両行の基幹システムは異なるベンダーによって運用されていたようなので
無事にシステム統合が進むことを願う。(どちらも口座を持っていないから自分には関係ないっちゃないけど。)

横浜銀-東日本銀 経営統合で注目されるシステム統合の行方
2014年11月04日
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/560135/110400079/

横浜銀が東日本銀と再編へ次の一手で浮上する銀行名
2014年11月10日
http://diamond.jp/articles/-/61859?page=2

横浜銀、東日本銀が今「統合」する事情
2014年11月16日
http://toyokeizai.net/articles/-/53542
かなり文化の違う両行ですので、今後運用等変化があるでしょう。一般的には大きい銀行のシステムに統合されていくでしょうから、東日本銀行の変化に注目です。
これも、東京海上の海外買収、日本生命の三井生命と同じく、「2位じゃダメなんです」統合。損保業界、生保業界、地銀業界で、永らくトップに君臨してきた人達は、2位というのは耐え難い屈辱なんでしょう。日本に、銀行が多過ぎるとは全然思わないし、それこそ多様性があっていいと思うが、ウェルズ・ファーゴのような巨大な地銀が出てきてほしい。浜銀、千葉銀、静銀が統合ぐらいでいっときましょうか(笑)
まだまだ銀行の数は多いですね。これで統合に向けた流れができるといいのですが。不景気になると統合へ背中を押されますが、本当は景気のよい間に統合コストを吸収してほしいのですが。。。
人口が減っていくんだから統合していくのは自然の流れですね。
地銀再編が続くな
株式会社横浜銀行(よこはまぎんこう)は、神奈川県横浜市西区に本店を置く地方銀行である。略称は浜銀<はまぎん>。ブランドスローガンは、「Afresh あなたに、あたらしく。」。2016年(平成28年)4月に東日本銀行と経営統合し、持株会社であるコンコルディア・フィナンシャルグループを設立した。 ウィキペディア

業績

株式会社東日本銀行(ひがしにっぽんぎんこう、The Higashi-Nippon Bank, Limited)は、東京都に本店を構える銀行(第二地方銀行)である。2016年(平成28年)4月に横浜銀行と経営統合し、持株会社であるコンコルディア・フィナンシャルグループを設立した。 ウィキペディア

業績