新着Pick
474Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
元榮社長は来年の参院選千葉選挙区に出馬されることを表明されています(社長業を兼務)。
当社の低迷する現状株価を鑑みれば、IPOとアフターマーケットで株式を買ってくれた投資家のために事業に専念して株価を上げることが、社長に求められる最優先事項かと思います。IPOして間もない期間に社長業を放り出すこと(政治家との兼務)が前例になると、日本の新興市場における経営者の株主軽視傾向がいよいよ固定化したと誤ったメッセージを内外の投資家に示すことになります。

上場来の株価チャートはこちら。
http://m.finance.yahoo.co.jp/stock/chart?candle_period=w&span=1&code=6027.T
公開価格1230円、上場日2014/12/11初値3880円、2015/9/4終値2,000円。主幹事野村證券
この方の努力は素晴らしいかもしれないですが、こと弁護士ドットコムは存在意義が分からない、相談の回答の明らかな「神の思想」「神の手」、そして低俗な記事が多すぎて、私は世の中の役に立ってるサービスとは思えないのですが(^^;)

他のPickerさんのコメントも参考にしたいところです。

また、NP編集部がなぜ弁護士ドットコムを引っ張ってきたかも興味深いところ。記事のクオリティがNPのアイデンティティだと思っていますので。
【予告編 無料】弁護士ドットコム代表・元榮太一郎さんの半生を本日から14日連続で公開します。それまで「一見さんお断り」だった弁護士と、困っている人とをつなげるサービスを立ち上げた異端の弁護士兼経営者。六本木で社会勉強したり、血尿が出るほど勉強したりと振れ幅、キャパの大きい方です。どうぞご期待ください。
おカネを払って出してもらっている弁護士のクオリティーは・・・ふだんの記事を見ているとよーくわかります。
10件に1件くらいはきちんとした内容のものがあるし、そもそも無料なのだから決して文句をつけることではないでしょう。
今後は、クオリティーの向上を期待しています(*^_^*)
実際かなり変な人ですね会うと笑
2016年6月27日追記:
「文系崩壊」特集に関係してこの記事があがっているのだけど、筆者の元栄さんは参議院議員選挙千葉県選挙区に立候補されている方であるのだから、公示後の今の時期に総合トップ面に表示するのは公職選挙法との関係性を考えるとあまり望ましくはないと思う。

【キャリア】News Picksのコメントがネガティヴなものばかりで驚いた。イノベーターズライフはおもしろいのだけど、「既にある程度価値が確定した人」ばかりを扱ってるから「新規性」に乏しい。私が注目しているのはr-libというコンテンツで、こちらの方が「これから出てくるかもしれない人」を扱っていておもしろい。
https://r-lib.com/
せめて佐山先生の後、一週間ぐらい連載開始までの空白作ってあげれば良かったのに。
噂に聞いていた連載がいよいよ始まるようですね。どこまで、ぶっちゃけてくれるか、注目しています。
元榮さん。最も尊敬する起業家であり、弁護士の一人。
弁護士ドットコムはこうしてできたんだなぁ。初めて読みました。
自分のオリジナリティをどう生み出していくのか、そこを常に問い続けないといけない。
弁護士ドットコムがすごいのは、まずはユーザーウィン、そして次に弁護士ウィン、最後に弁護士ドットコムウィンと、そこまで耐えたこと。そうそう耐えられるもんじゃない。貯金が苦手な僕には無理だなぁ(笑)
弁護士ドットコムが弁護士版エムスリーとなれるのか、気になっていたのでこの連載見てどういう会社か勉強します!
弁護士ドットコム(べんごしドットコム)は日本の法律ポータルサイト及びその運営会社。弁護士のマーケティング活動を支援する無料法律相談や法律事務所の検索サービスを提供している。 ウィキペディア
時価総額
796 億円

業績