新着Pick
239Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンは、ファッションだけでなく、あらゆる業界のトップになる可能性がある。
Amazonはファッションのような、ウィンドウショッピングが必要な分野(商品の特定注文が難しい)では使いにくいと思っていただけに、これはかなりショッキング。
記事によると、アマゾンのアパレル売上予想は今期163.3億ドル。Macy'sの2014年度売上高は280億ドル。現時点では開きがあるものの、成長率を考えると2017年に520億ドルというのはありえない数字ではない。
ハローキティを中心にしたサンリオの米国におけるアパレル事業の3大チャネルが、ウォルマート、ターゲット、メーシーズ。日本のようなファッション風のチャネルではなく、イオンやイトーヨーカドーで服を買っている人が多勢いると想像すると分かりやすい。日用品の延長線上にあるため、ネット化も進みやすいだろう。
アマゾンがファッション小売でもトップに到達ですか。小売とは何なのか、ということを既存の小売業は改めて定義し直さないと、売上規模の勝負でアマゾンと比べちゃうと自らの存在意義すら見失ってしまいそう。
日本はアメリカに比べるとリアルの店舗有利な印象ですが、将来的には同じシナリオはありえるんですかね?
なんだ。予測か。こんなの記事にするなよ
出店者向け融資事業も先行してやってますしね・・・金融業界も緊張感が高まります
アメリカのファッション小売のオンライン浸透率は13%、日本はまだ8%。日本もまだまだ拡大余地あるんで、イノベーターよろしく。

最近嫁さんはファッションキュレーターを使っている。サイズや好みを登録し、月額会費を払うと、商品を見繕って送ってくる。一定期間試着可能。気に入れば買う、そうでなければ返却。店舗だとサイズが見つかりにくく、育児でそもそも時間がないからね
すごい。mayc's好きだけどなー。
業界ナンバーワンという数字が、消費者や投資家に王道感もとい安心感を付与した時代も終わるのかも。
と本旨と関係ない思いを抱く。
アメリカの小売は、アマゾンが多くの分野で勝者になりそうですね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
51.1 兆円

業績