• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アマゾンが住宅リフォームで狙う「2つの革命」

東洋経済オンライン
376
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    コーポレイトディレクション Managing Director

    先日の記事でも指摘しましたが、ネット化よりも「定額化」の驚きが大きい。アマゾンでは中古車でも3プライスを試行しており、中古に起因する購入ハードルを越えさせる一つの有力な手段としてとらえているようですね。
    ただ、アマゾンは良くても、施工会社側がこれをうけたのは結構リスクもある。建築条件が悪く事業者がコストがかかる案件ばかり集まり、逆にコストがかからない案件は別で見積もると安くなるのでそちらに流れかねない。定額と言いながら色々なパラメーターで条件が変わるようにしていくというのが一つの方向だし、所詮ネットでリフォームなんて頼む人は多くないし大きなリフォームは頼むことはないので顧客接点獲得コストと割り切る、という考え方もあるのかもしれない。まずはネットである程度定型的な簡易リフォームを頼めば、将来において個別見積もりをしたいような大きなリフォームをする際に声をかけてもらえるかもしれない、と考えるのは合理的なのかもしれません


  • badge
    Interstellar Technologies K.K. Founder

    これは大きな動きの序章に過ぎない。これからあらゆる分野の入り口を握るつもりだよ


  • 製造業 Financial Planning Manager

    これ↓の日本版に向けての「取っ掛かり」のような気がします。

    ■アマゾンの次なる狙いは、4000億ドルの便利屋市場
    https://newspicks.com/news/923939?ref=user_225356


    まず大手と提携することで、品質を確保した安心なサービスをネットで提供し、未熟な日本市場を開拓(需要喚起)

    その中で、日本というマーケットが求める品質・サービス基準を見極めを行い、自社の知見・ノウハウとして貯めこむ。

    そのノウハウを使って上記の便利屋市場を作っていく。

    そんな想像が働きました。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか