新着Pick

ネットフリックスの社員は「有給取り放題」って本当?

クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)
250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うちも今年から試験的に1ヶ月間、完全に仕事を離れて好きな事にチャレンジする「自由研究制度」を開始しています。これは、これからクリエイティビティが全ての競争の源泉になると信じているからです。軍隊式の組織では各自が持つ才能、クリエイティビティが最大限発揮されません。これからの会社は新たな組織の形を同時に発明する事が求めらていると日々、実感しています。
実際には米国の企業の中でもかなり働き者の集団です。On/Offはしっかりしてます。最大給料の8割をストックオプションでもらえるシステムもあり、面白い(そこまでしてるのは1社員だけらしいが)。従業員の自主性を最大に活かして成長してますが、この1〜2年で株価が数倍になったこともあり、接しているとやり甲斐をものすごく感じている方達が多勢。
日本でもこの文化を変えないで参入してきて欲しい。
日本の企業に大きな影響を与えて欲しい。日本でもみんなこう言う働き方に憧れているけどできてないだけというのが本音。
なんというか、会社っていろいろ大変だね。。
日本企業も多くは事実上有給取り放題だよね。有給消化率48.8%なんだから、感覚的には倍ぐらい取っても問題ない。取れるもんならね。
メルカリも入社時に有給10日、という制度に変えました。労基法準拠だと半年間有給がない。制度変更により家族持ちエンジニアの採用強化につながっている。書かれてますが「自由と責任」のバランスですね
職種等によってだいぶ違うかもしれませんが、会社での勤務時間でどうこう言うのはほとんど価値がないというのも珍しくなくなった感がありますね。
《組織》フリーライダーをどう減らすか。小さな組織なら採用のスクリーニングもしっかりされてるので、そもそも議題にもならない話。だが、大企業ともなると、色々なのがいるので導入しにくかったりする。
欧米、個人主義
今更な話(^O^)
こういう働き方を推奨するためには、①クリエイティブな人材の採用
②クリエイティブな仕事の評価
③成果主義の徹底
この3つが必要だと思います。
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
15.0 兆円

業績