• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

カナダが中国製EVに関税検討、米EUに追随 過剰生産に対応

REUTERS
6
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 山下 昭二
    badge
    カーボンニュートラルコンサルタント  ㈱ミーミル 2023年度ベストフラッシュオピニオン部門でアワード受賞

    カナダが中国製EVに輸入関税を導入するとの報道があります。一方で、ホンダは1.7兆円を投資して、2028年からEV工場を稼働させる計画を発表しています。しかし、それまでの消費者の反応は未知数です。

    中国製のEVが政府補助金により不公正な競争を引き起こしているとの懸念があり、各国は関税を引き上げて対抗しています。これに対し、2000年代初頭の中国製二輪車の歴史が参考になります。当時、中国製二輪車は開発費を削減し、安価な部品を製造するインフラを発展させ、その安さでアジア市場に流入しました。これに対抗してホンダは、中国製部品を使用しコストを大幅に削減した「Wave α」を開発しました。このモデルは、品質上重要な部品を選別して使用し、中国製二輪車に比べて品質が優れていました。このように価格を下げ、新商品を投入することで、消費者はホンダに戻ってきました。現在の中国製EVに対しても、各国は関税だけに頼らず、自国の自動車会社が生産するEVの価格を下げ、新商品や新サービスを市場に投入することで、最終的には消費者に選ばれると考えられます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか