• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

都知事選、裸同然ポスターに警告 識者ら「一方的な性画像は暴力」

共同通信
394
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 小山内 怜治
    小山内行政書士事務所 代表

    法律にしろ条例にしろ、ルールを変えたい想いが強ければ強いほど、おかしなルールであっても守るべきであり、ルールを守らない者にはルールを変える資格はありません。

    そして、法律を変えたいなら国会議員、条例を変えたいなら都議会議員に立候補するべきです。都知事はルールの範囲内の権限を執行する立場であって、法律・条例を変える立場にはありません。

    …と、大真面目にコメントするのが馬鹿らしくなる話ですね。

    初日で警告くらって日和るとか、何のために立候補したんでしょうか。それとも、候補者にとっては300万円の価値はあったのでしょうか。


  • 氏家 夏彦
    badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    こんなバカなことをする人間が出てくるとは、選挙管理委員会もさすがに想定していなかったのでしょうが、都迷惑防止条例違反という既存のルールで阻止できたのでそれはよかったです。むしろ問題なのはNHK党がやっているポスター掲示枠の販売行為。これは既存のルールでは阻止できないので新たなルールが必要。しかし常識を超えるバカなこと想定するのもなかなか大変です。結局後追いでルールを作るしかないのでしょうか。


  • Oguchi Yutaka
    partner / civic hacker

    制度の欠陥を見つけてハックする方がカッコいい、穴のある制度を作る方が悪い、といった風潮が長らく続いていた様に思いますが、その結果がこういった愉快犯を助長してしまった様に感じます。
    その一方で、この候補者も然り、ハックされる制度も問題ではありつつ、そもそも制度自体への信頼が欠けており、ハックされる対象となってしまっている社会状況こそ、より危惧されるべきでしょう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか