• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ニューヨークなどで往復5時間かける「スーパー通勤」が急増

Business Insider Japan
263
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Kojima Yoshiyuki
    ByteDance株式会社 BytePlus事業 Sales Manager

    ニューヨークに限らず、同じ流れがサンフランシスコでも起きています。中部サンフランシスコなら往復数時間かけて通う人が急増。それほど中心部のインフレが甚だしいということです。


  • T. Riki
    製造業 Marketing Manager

    オウンドカーでの自動運転に可能性があるとすると、こうしたトレンドとセットで訪れるのだろう。
    自動運転が実用化されれば車の中でもメールやら電話やらパソコン仕事できるし、なんなら、打合せができるので実質的には出勤後の状態と変わらなくなる。
    北米ではニーズが高そうだ。
    都市部への乗り入れがどこまで受け入れられるか?駐車場なども課題にはなるのだろう。


  • 宮田 拓弥
    badge
    Scrum Ventures Founding Partner

    面白い。毎日ではないからかな。

    「アメリカの主要都市での約20万回の移動を含む片道75マイル(約120km)以上を通勤するスーパー通勤者の割合がパンデミック後に32%増加し、総移動の2.9%を占めていることを明らかにした。なかには午前3時に出発して片道5時間もかけ通勤している人もいることが分かった。」


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか