• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

トヨタWoven City、準備整い次第「訪問者」を募集へ

自動運転ラボ
327
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 原田 直一
    badge
    大手自動車メーカー Data analyst/Staff Engineer

    woven cityがスマートシティとして想像している人もいますが、実際にはテストコースであると説明されています。従来のテストコースではニューモデルの走行テストが行われてきましたが、woven cityでは新しいモビリティの実証実験が行われます。これにより、決まった道路環境ではなくより複雑な環境での実証が可能になります。例えば、電動スクーターが社会問題になったように、すべての課題を事前に全て予測することは不可能です。
    woven cityにおける実証実験は新しいモビリティの導入における障壁を下げ、検証のスピードを加速させることが期待されます。


  • 竹村 詠美
    badge
    一般社団法人 FutureEdu 代表理事

    かなり偏った人達が集まるある種、米国の僻地にある寄宿舎付き大学みたいな存在に近いのでしょうか?

    実証実験が出来る街が有るのは良いと思いつつ、コントロールされた街の実証成果がどこかでリアルの街で実装出来るものを生み出せるのかは10-20年後でしょうね。そうなると2034-2044年。ロケットとか飛ばせる場所が近いと良いかもしれません


  • 折瀧 浩二
    アイオンジャパン合同会社 代表社員

    Woven Cityのビジョンは非常に興味深く、未来の技術やサービスを生み出すための実験都市として、多くの可能性を秘めています。特にトヨタグループが主導し、ENEOSや日清食品、リンナイといった大手企業もパートナーとして参加している点が注目されます。

    インベンター
    - 「未来の当たり前」を生み出すために、Woven Cityで自ら考えたテーマの実証を行う。
    - トヨタグループの開発者、スタートアップの企業家、個人の発明家などが対象。
    - 実証実験を行うことで、革新的な技術やサービスの開発を推進。

    住む人
    - 「インベンター」が実証する技術やサービスを生活の中で積極的に活用。
    - フィードバックを通じて、「未来の当たり前」の創造に貢献。
    - 第1期工事完了後に段階的に入居者を迎え、最終的には約2,000人が住む計画。

    Woven Cityの展望
    - 最終的には約70万8,000平方メートルのエリアに拡大。
    - 現在は第1期工事完了後に約360人が住む予定。

    このような都市計画は、技術革新と社会の進化を促進する重要なステップとなります。特に住民と開発者が協力して未来の技術を検証し、リアルタイムでフィードバックを提供することで、実際の生活に即した有用なソリューションが生まれることが期待されます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか